カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

この雨の重たい馬場もものともせず、追われて追われてキセキ捉えました。キセキがこの重たい馬場、降りしきる雨の中での菊花賞を制しました。鞍上ミルコデムーロ、菊花賞初制覇

20171022日(日) 4回京都7

11R 78回 菊花賞(GI)

サラ系3歳 オープン (国際)牡・牝(指定) 馬齢

3000m 芝・右 外

 

実況:中野雷太さん

 

キセキが勝ちました。2着争いが4番クリンチャーと14番ポポカテペトル、この2頭の争いでした。この雨の重たい馬場もものともせず、追われて追われてキセキ捉えました。キセキがこの重たい馬場、降りしきる雨の中での菊花賞を制しました。鞍上ミルコデムーロ、菊花賞初制覇。そして、強気に動いたクリンチャーと直線馬場のここが中央だった14番ポポカテペトル、この2頭の2着争い。そのあと追い込んだ6番マイネルヴンシュ続いて、12番ミッキースワロー、16番アルアイン、15番ダンビュライト、5着争いでした。勝ち時計3189、ゴールまでの800529600400でした。

地銀の主要な収入源である金利収入は伸びることが前提となっている中で、長期金利が上がらないままだと、利ザヤも思ったほど稼げず、今後の株価の波乱要因になると考えています

20171020()Newsモーニングサテライト

 

三井住友アセットマネジメントNY 三浦仁孝さん

 

塗料大手のPPGインダストリーズは主に工業製品向けの特殊塗料を供給する会社で、幅広い分野に製品を提供しているので、景気動向を見極めるうえで示唆に富んでいます。業績の中身を見ると、北米の飲料缶などのパッケージ向けの塗料は成長が著しく、好調継続が見て取れる一方、DIY向け塗料は需要が落ちているなど、塗料が使われる最終市場ごとに需要にばらつきがありました。

原材料コストの上昇が利益率の押し下げ要因となっていますが、このコストを価格転嫁できた市場とできなかった市場とがあるようです。たとえば、ヨーロッパの建設向け塗料について、製品価格引き上げが受け入れられなかったと名指しでコメントしている点は注目で、ヨーロッパの建設需要はあまり強くないとも読み取れます。世界的に緩やかな景気回復が続いているものの、その広がりには強弱があることを示しているかもしれません。

 

ここまで地銀の決算は総じて堅調な業績発表になっていると感じており、トランプ政権にとって重要な支持基盤である地方でも経済環境は良好と言えそうです。有力地銀の1株利益実績を見ても、市場予想を大きく下回った銀行はほとんどない状況です。ただし、決算発表後の株価は軟調なものが目立ちます。

投資家の期待が数字で表れている以上に高く、少しでも足りない点があると評価しないといったレベルにまで達しているためと思われます。たとえば、富裕層向けビジネスに強みを持つファーストリパブリックバンクは競争環境激化に伴う経費の増加、有力地銀のUSバンコープは住宅ローン関連の手数料の落ち込みが目立ったことがそれぞれ嫌気され、いずれも決算発表当日の株価は下落しました。

現在、多くの投資家は利上げが緩やかながら実施される環境下では金利収入が伸びて当然と考えているからです。地銀の主要な収入源である金利収入は伸びることが前提となっている中で、長期金利が上がらないままだと、利ザヤも思ったほど稼げず、今後の株価の波乱要因になると考えています。

退場者が出て、もうちょっとオリンピアコス行けるかなと思ったんですけれども、積極性がちょっと足りなかったかなというところですかね

UEFAチャンピオンズリーグ 17/18

グループステージ 第3

10/18()3:45 KO 

バルセロナ3-1オリンピアコス

解説:柱谷幸一さん  

 

予想通りの立ち上がりからの展開で、オリンピアコスが引いて、バルサが攻撃するという形で、1点目、オウンゴールだったんですけれども、引いた相手に対して攻撃、非常にいい形で点が取れたんですね。その後、退場者が出て、もうちょっとオリンピアコス行けるかなと思ったんですけれども、積極性がちょっと足りなかったかなというところですかね。それで、ペナルティボックスの手前でファウルをして、直接決められてという、オリンピアコスはいいところがなかったかなという感じですね。

幅広い票を確保するために法案化作業は紆余曲折が予想され、株式市場への折り込みは減税規模や内容の着地点をにらみながら、緩やかに進んでいくものとみています

20171019()Newsモーニングサテライト

 

米国みずほ証券 堀内隆文さん

 

19日はブラックマンデーから30年、当時を振り返る記事を最近はよく目にするわけですが、市場にそれを意識する動きは見られません。緩やかな経済成長の継続や堅調な企業業績の推移が展望されていますが、これらの見通しに今後は減税の政策効果が加わっていくことになりそうです。エコノミストやアナリスト、企業経営者らは実現していない政策の効果をほとんど織り込んではいません。

長期のトレンドを示す200日移動平均線との乖離はS&P500指数で6%強と過熱感を示す10%超には達しておらず、テクニカル面からも大きな株価調整の可能性は当面低いとみています。強いて言えば、特段の弱気材料が見当たらず、景気後退や弱気相場入りの話も聞かれないというのがアメリカの株式市場にとってのリスクともいわれています。

 

予算決議案は共和党内での反対も避けられ、可決に必要な50票は読めつつあるというのが現状です。可決されれば、来週にも上下両院で内容のすり合わせを行い、10月最終週には予算決議を行うことになりそうです。

ブッシュ減税時には作業に5カ月程度要していますので、来年前半には法案をまとめ、採決に臨み、法制化されれば、来年初めからの適用となりそうです。ただ、予算決議においては何とか確保できそうな50票ですが、現在案の可決においては少し事情が変わってきそうです。

現在、共和党は上院の保有議席が52なので、減税法案を成立させるには取りこぼしは2議席までとなります。しかし、12月のアラバマ州補欠選挙では共和党保守強硬派の勝利が予想されていて、財政赤字の拡大に反対する強硬派が現状よりも増える可能性があります。さらに病気療養中の共和党議員が採決を欠席する可能性もあり、50票の確保は容易ではありません。幅広い票を確保するために法案化作業は紆余曲折が予想され、株式市場への折り込みは減税規模や内容の着地点をにらみながら、緩やかに進んでいくものとみています。

素晴らしかったですよね。本当に全員で団結してよく戦いましたし、一人一人の戦いぶりは見事でしたよね

AFCチャンピオンズリーグ2017

決勝トーナメント準決勝 2ndレグ

10/18() KO 

浦和1-0上海上港(中国)

解説:北澤豪さん 

 

素晴らしかったですよね。本当に全員で団結してよく戦いましたし、一人一人の戦いぶりは見事でしたよね。

日本の力を見せつけてくれましたよね。今日の試合だけに全力でぶつかっていったかなという感じはしますけどね。

一つ一つ悔しさだったり、歴史を積み重ねない限りはこういったところまではたどり着けないですからね。

阿部は名前が出るシーンというのはなかったんですけれども、シンプルにボールを持たず、相手に狙われないように、効果的にプレーしていましたよね。さすがベテランですよね。

引き分けには終わりましたけれども、ゴールに向かう姿勢は両チームともに出していましたし、キーパーがよかったですもんね

UEFAチャンピオンズリーグ 17/18

グループステージ 第3

10/17()3:45 KO 

レアルマドリード1-1トッテナム

解説:水沼貴史 実況:下田恒幸 

 

いいゲームでしたね。引き分けには終わりましたけれども、ゴールに向かう姿勢は両チームともに出していましたし、キーパーがよかったですもんね。決定機阻止というビッグプレーが2回ずつありましたよね。引き締まったゲームにはなったと思いますけれども。

ペルセポリス(イラン)2-2アルヒラル(サウジアラビア)

AFCチャンピオンズリーグ2017

決勝トーナメント準決勝 2ndレグ

10/17() KO 

ペルセポリス(イラン)2-2アルヒラル(サウジアラビア)

解説:都並敏史さん 

 

攻守のバランスもいいので、非常に強いなという感じはしますよね。ただ、中盤にはスペースがあるので、やり合いになる試合、浦和が勝ったとしてもね。それがどうなるかという感じですね。

ウォルマートのように好調な業績が続く企業の中でも割安感のある銘柄などが自社株買いを発表することで、アメリカ株の支えになることが期待されます

20171017()Newsモーニングサテライト

 

SMBC日興セキュリティーズアメリカ 大塚祐貴さん

 

市場の不安心理を示すとされるVIX指数を見ると、10ポイントを下回る日が続いていて、10月の日々の終値を平均すると先週末時点で9.7となっています。今年の平均11.39月の平均10.4と比べても一段と低くなっています。このVIX指数とISM製造業景気指数の推移を重ねてみると、逆相関になっていることから市場の変動を抑えている要因としてアメリカの堅調な景気が大きいと思われます。

世界的に景気が回復していることも大きいと思います。世界景気の強弱を知ることができる銅価格と地政学リスクなど不安状況を知ることができる金価格を比べて、どちらが優勢となっているかを指数で示すと、現在は銅の価格が優位となっていることから市場では世界的な景気回復がより強く意識されていると考えられます。

 

株主還元の方法には自社株買いと配当の二つがあり、配当の比率は比較的安定しているのに対し、これまでアメリカ企業が積極的に行ってきた自社株買いの比率は昨年後半あたりから減少傾向となっています。

株価が上昇を続けていることが自社株買い減少の一因だとみられています。また、昨年の大統領選挙後に一段と減少していることからトランプ政権に対する将来的な政策の不透明感もあって、企業は自社株買いを縮小し、利益を内部留保に回しているとも考えられます。

ただ、自社株買いが増加に転じる兆しもあります。先週、小売り大手のウォルマートが今後2年間で200億ドルの自社株買いを行う計画を発表しました。アマゾンとの競争が厳しい中でも業績見通しにも自信を持っているようです。ウォルマートのように好調な業績が続く企業の中でも割安感のある銘柄などが自社株買いを発表することで、アメリカ株の支えになることが期待されます。

最後の1冠を取ったのは14番ディアドラです。見事に差し切りましたクリストフルメール騎手。14番ディアドラ、じっくりと力をつけて、桜花賞、オークスと着順を上げてきて、そして前走、初重賞制覇。勢いそのままにGI秋華賞でGIタイトルを獲得しました

20171015日(日) 4回京都5

11R 22回 秋華賞(GI)

サラ系3歳 オープン (国際)牝(指定)馬齢

2000m 芝・右

 

実況:小塚歩さん

 

最後の1冠を取ったのは14番ディアドラです。見事に差し切りましたクリストフルメール騎手。14番ディアドラ、じっくりと力をつけて、桜花賞、オークスと着順を上げてきて、そして前走、初重賞制覇。勢いそのままにGI秋華賞でGIタイトルを獲得しました。14番ディアドラです。

2着争いが4番モズカッチャンか7番リスグラシューか。その後に2番ラビットラン4着。8番カワキタエンカが続いています。勝ちタイムは202、上がりタイムゴールまでの800491600mは370でした。

14番ディアドラです。2着争いどうでしょうか。7番リスグラシュー、そして4番モズカッチャン、桜花賞の2着馬とオークスの2着馬がまたここでも秋華賞で2着を争うという結果になりました。

プエルトリコはこれらの企業が持つ次世代技術の本格的な採用という意味で、重要な一歩となる可能性もあるとみています

20171013()Newsモーニングサテライト

 

米国みずほ証券 兼松渉さん

 

JPモルガンチェースとシティグループの決算、ともに市場予想を上回る内容となりました。JPモルガンチェースは一般消費者向けの銀行業務などが業績に貢献し、利ザヤは201313月期以来の高水準を記録しました。また、シティグループは積極的なコスト削減の動きや投資銀行業務が業績に寄与するなど、いずれも債券トレーディング収入の落ち込みをそれぞれの強みで相殺し、増益を確保しました。

2社ともに将来のクレジットカードの貸倒損失をカバーするための引当金を増やしたことが投資家の警戒感につながっています。明日の決算を控える発表予定のバンクオブアメリカについてはトレーディング収入の落ち込みをほかの事業で賄うことができるのか、また、ウェルズファーゴについては新規口座の不正開設をめぐる問題がどれだけ業績に影響を与えるかなどが注目されます。

 

人口350万の島の全土が停電し、電話も不通、トランプ大統領はハリケーン、マリアがプエルトリコを完全に破壊したと述べています。財政破たんでも知られるプエルトリコですが、地元政府主導のインフラ投資が遅れることで、停電が長期化するリスクも指摘されています。

そこで立ち上がっているのがシリコンバレーのハイテク企業です。たとえば、テスラは太陽光発電と蓄電インフラを設置する方向で当局と交渉を進めていることを明らかにしています。従来の既存の発電、送電インフラに頼らないというテスラの強みを生かした動きと言えます。また、アルファベットも気球を使った無線インターネットの提供に向けて準備を進めています。

フェイスブックもバーチャルリアリティを使っての被災地支援を試みましたが、その実用性や効果が疑問視され、逆に被災地を宣伝に利用しているといった批判を受けました。ただ、早急にインフラの復旧を必要とするプエルトリコと機動的に動けるシリコンバレーの企業の利害が一致するとみるのも事実です。プエルトリコはこれらの企業が持つ次世代技術の本格的な採用という意味で、重要な一歩となる可能性もあるとみています。

«日本の家計資産に占める外貨資産の割合は2%未満ですから、今後、見直しが必要だと考えています

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ