カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

1月にアメリカの医療費削減のためにJPモルガンとアマゾンと組んで、新しい企業を設立するというニュースがありましたけれども、もしかすると、この会社がプラットフォームになる可能性があって、注目していきたいと思います

2018523()Newsモーニングサテライト

 

ホリコ・キャピタルマネジマント 堀古英司さん

 

フェイスブックの買いとバークシャー・ハサウェイがアップル株を買い増しているというのは目立ちましたけれども、それ以外はむしろアクティブで運用している投資家は売りのほうがハイテクは目立っていたんですよね。FANGと呼ばれるハイテク株を指数にしたFANG指数は1月の全体の市場が高値を付けた後も上昇して、3月半ばにいったん高値を付けて、それから月末にかけて18%近く下げているんですよね。この過程で、機関投資家がハイテクを手放す動きが目立ったんだと思います。

フェイスブックとアップルはそれぞれ悪材料が出て、個人情報の流出問題、iPhoneの販売不振というニュースが出ていましたけれども、これによって割安になったんですよね。フェイスブックやアップルというのは市場平均よりも成長率が高いにもかかわらず、バリエーションは安いと、これが買い増された要因だと思います。

バークシャー・ハサウェイがイスラエルにあるテバ・ファーマスーティカルの株の保有を倍増させているんですね。1月にアメリカの医療費削減のためにJPモルガンとアマゾンと組んで、新しい企業を設立するというニュースがありましたけれども、もしかすると、この会社がプラットフォームになる可能性があって、注目していきたいと思います。

本来は設備投資に消極的な傾向の強い1-3月期に巨額な資金が設備投資に回されたということは成長サイクルがさらに長期化することを期待させます

2018522()Newsモーニングサテライト

 

大和証券CMアメリカ 森本裕貴さん

 

相場は膠着感が強いですが、投資家心理はそんなに冷えていないとみています。そのバロメーターとして中小型株のみで構成されるラッセル2000指数に注目しており、本日まで4日間連続で最高値を更新しています。このことは投資家の買い意欲が衰えていないことを指示していると考えます。

足元では米中貿易摩擦懸念やドル高、原油高など海外展開を積極的に行っている大企業ほど影響を受けやすい不透明要因が多いためです。その結果、消去法的に投資家の物色が中小型株に向かっているという構図です。

不透明要因が上値を抑える一方で、大型株の指数が上昇していくには1株利益、EPSの伸びが不可欠です。実はその条件を満たすサインが出始めています。減税による余剰資金の活用で、13月期における自社株買い額と設備投資額は歴代最高ペースでした。自社株買いで発行済み株式数が減少することと設備投資によって将来の利益見通しが引き上げられることはいずれもEPSの増加につながります。特に本来は設備投資に消極的な傾向の強い13月期に巨額な資金が設備投資に回されたということは成長サイクルがさらに長期化することを期待させます。この循環がうまくかみ合っている以上、大型株に資金が戻ってくるタイミングはそう遠くないと考えています。

2400m、まったく問題ありませんでした。13番アーモンドアイ、史上14頭目、桜花賞、オークス、2冠達成です。早め1番リリーノーブル2着で、最後はややもたついたか、2番ラッキーライラック。しかし、最後まで脚を使っての3着です

2018520日(日曜) 2回東京10

11R 79回 優駿牝馬G

サラ系3歳 オープン (国際)牝(指定) 定量

コース 2400m 芝・左

実況:小塚歩さん

 

2400m、まったく問題ありませんでした。13番アーモンドアイ、史上14頭目、桜花賞、オークス、2冠達成です。早め1番リリーノーブル2着で、最後はややもたついたか、2番ラッキーライラック。しかし、最後まで脚を使っての3着です。勝ちタイム、2238、ジェンティルドンナのレースレコードにコンマ2秒と迫る好タイムでアーモンドアイ、2冠達成。上がりゴールまでの800473600349でした。今日、520日は鞍上クリストフ・ルメール騎手の39回目の誕生日です。自ら、その誕生日を祝いました。今、天高く拳を突き上げました。クリストフ・ルメール騎手、アーモンドアイでオークス連覇です。

情報の正確性を高め、容易に共有ができるブロックチェーン技術を使えば、必要な情報を物流業者同士で共有でき、モノの流れを正確に把握することが可能になります

2018518()Newsモーニングサテライト

 

岡三証券NY 高野一真さん

 

ニューヨークではブロックチェーンの関連イベントが30以上開催されていて、特にセントルイス連銀のブラード総裁など著名人が講演を行ったブロックチェーン技術会議のコンセンサスには去年の3倍近くの8000人以上が参加したと報道されています。

物流大手フェデックスのスミスCEOも講演を行っており、ブロックチェーンは物流を変える新技術と評価し、これを取り入れていかなければ、淘汰されると発言しています。フェデックスはブロックチェーン技術の導入を促進する物流の業界団体であるBiTAに今年1月に加盟しています。

実はアメリカの物流業界では配送元から配送先までモノが届くまでの間に高額な料金を徴収する中間業者が存在する場合があるほか、それぞれの物流会社が別々に物流の情報を把握しているため、トラックを効率的に利用できていないなどの問題があります。これに対して、情報の正確性を高め、容易に共有ができるブロックチェーン技術を使えば、必要な情報を物流業者同士で共有でき、モノの流れを正確に把握することが可能になります。これにより物流の効率化が進むと期待されるほか、透明性が高まることで、コストの低下や荷物の紛失も少なくできると期待されています。

2年半にわたりデータを収集する予定とされており、データを活用して規制が整ったうえで、ドローンの利用が進めば、アメリカの新たな経済成長につながることが期待されます

2018517()Newsモーニングサテライト

 

SMBC日興セキュリティーズアメリカ 大塚祐貴さん

 

アメリカの運輸省はドローンの試験プログラムとして民間などからドローンを活用したプロジェクト案を募集していましたが、先週10件を選出したと発表しました。これはドローンの安全性を担保するためにどんな規制が必要か検証しながら、ドローンの新たな活用方法を開発するもので、選ばれると、現在は禁じられている人がいる場所の上空での飛行や夜間飛行などについてテストできるとされています。

ロイター通信の報道によると、アップルがノースカロライナ州政府と提携して、航空写真の撮影し、地図アプリの性能を改善するプロジェクトやウーバーによるカリフォルニア州でのドローンを使った食品配達プロジェクトも選ばれたようです。これらの企業はアメリカのドローン開発競争において幸先の良いスタートを切ったといえそうですが、アマゾンが申請したニューヨークでのドローンを使った商品の配達プロジェクトは選出されませんでした。

ドローンの活用は10年以内に820億ドル、9兆円を超える経済効果と10万人の雇用を生み出す可能性があるとされています。このプログラムは今後、2年半にわたりデータを収集する予定とされており、データを活用して規制が整ったうえで、ドローンの利用が進めば、アメリカの新たな経済成長につながることが期待されます。

オンライン販売への投資や配送費と人件費の増加が利益率のどれほど影響を与えるのか、現状約40%増となっている今年度のオンライン販売見通しが維持されるのかどうか

2018516()Newsモーニングサテライト

 

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

 

小売りの決算ではオンラインなどデジタルへの投資とその成果、足もとでのガソリン価格上昇やドル高の今後への影響も気になるところです。明日16日には百貨店大手のメーシーズ、そして注目されるのは17日に予定されるウォルマートです。

前回の決算ではオンライン販売の成長率が23%増と、前の期の50%増から大幅に減速したことが嫌気されて、株価が大きく売られることになりました。アマゾンはクラウドなど高成長部門が収益源となっているため、オンライン販売の成長率は安定したものとなっていますが、ウォルマートにおいてはオンライン販売の成長率が上向いてくるのかどうかが注目で、一部アナリスト予想では30%増への回復が見込まれています。

ウォルマートはインドのオンライン大手の買収によって今年度と来年度の1株利益が圧迫されるとしています。こうしたことを背景に株価は頭の重たい展開となっており、オンライン販売への投資や配送費と人件費の増加が利益率のどれほど影響を与えるのか、現状約40%増となっている今年度のオンライン販売見通しが維持されるのかどうかといった点が株価の動きを左右することになりそうです。

最近、金利が上昇してきていますけれども、まだ10年物国債利回りと比べると1%以上差がありますので、株が有利な状況に変わりはないと思います

2018515()Newsモーニングサテライト

 

ホリコ・キャピタルマネジマント 堀古英司さん

 

投資対象となるもの全体との比較ということだと思います。株式還元の方法として、まず配当というのがありますけれども、S&P500指数でみて、配当利回りというのは今、2%前後ですので、国債利回り、今3%前後と比べると以前は上回る場面がありましたけれども、今は配当利回りのほうが低くなっている。

税制上、株主還元策としては自社株買いの方が優遇されていますので、企業としても自社株買いのほうを多くする傾向にあります。この自社株買いの金額を利回りに直してみると、2.2%近くあるんですよね。先ほどの配当と合わせると、4.1%近くになりまして、長期金利を大きく上回る、いわゆる株が有利な状況にあります。

株式の配当とか、自社株買いの金額というのは経済が成長する限りは増加していくものです。一方で、国債の利回りというのは満期まで保有すればずっと変わりません。ですので、株の優位性というのはその点でも変わりないんですよね。ですので、最近、金利が上昇してきていますけれども、まだ10年物国債利回りと比べると1%以上差がありますので、株が有利な状況に変わりはないと思います。

さあ、どっちだ。4番ジュールポレールか、外16番リスグラシューか、2頭が並びました。その内、差がなく6番レッドアヴァンセ、これが3番手。東京競馬場第11競走、ヴィクトリアマイルGⅠ、ゴール前は3頭の激しい争いとなりました

2018513日(日曜) 2回東京8

11R 13回 ヴィクトリアマイルG

サラ系4歳以上 オープン (国際)牝(指定) 定量

コース 1600m 芝・左

実況:山本直也さん

 

さあ、どっちだ。4番ジュールポレールか、外16番リスグラシューか、2頭が並びました。その内、差がなく6番レッドアヴァンセ、これが3番手。東京競馬場第11競走、ヴィクトリアマイルGⅠ、ゴール前は3頭の激しい争いとなりました。先に抜けた10番アエロリットを捕らえて、6番レッドアヴァンセ、その外から迫った4番ジュールポレール、一番外から追い込んだのは16番リスグラシュー、3頭の激しい争いから中4番ジュールポレールか、外16番リスグラシュー、わずかにわずかに及ばなかったようです。3番手6番レッドアヴァンセ。勝ち時計13234番手10番アエロリット、そのあとに2番ミスパンテール、1番レッツゴードンキと続いています。第13回ヴィクトリアマイルGⅠ、勝ち時計1323、上がり4ハロン4553ハロン340でした。

4月初めに、グーグルのAI責任者だったジャナンドレア氏を採用し、今後はスピーカーに内蔵するAI、Siriの強化が期待できるとみています

2018511()Newsモーニングサテライト

 

東海東京証券アメリカ 手塚理恵さん

 

アメリカでは昨年6月の時点で、WiFi環境のある家庭の中で、わずか8%だったAIスピーカーの普及率が、今年2月には20%まで急拡大しました。拡大の理由としては選択肢が増えたことに加えて、年末商戦で低価格化が進んだことが挙げられます。

今年1月から3月にかけての販売台数のシェアでみると、アマゾンエコーは73%と最も多く、次いでグーグルホームが14%、アップルのホーンポッドが10%でした。アマゾンとグーグルはそれぞれ39ドルの低価格商品に加え、画面付きの製品を販売するなど多角化に注力しています。一方、アップルは販売価格が349ドルと高価格であり、違うアプローチをとっていることがわかります。

iPhoneのように販売台数では競合より少なくても、売上高や利益で他社を上回る戦略を取っているのではないかと考えます。実際、アップルのホームポッドは販売台数でのシェアは10%ですが、売上高ベースでは市場の3分の1を占め、コアのアップルファンのニーズはしっかりと捉えています。4月初めに、グーグルのAI責任者だったジャナンドレア氏を採用し、今後はスピーカーに内蔵するAI、Siriの強化が期待できるとみています。

将来的にはこういったライバルを追い上げる一つの手段として、フェイスブックやメッセンジャーなどの機能の中に仮想通貨が織り込まれる可能性もあると考えています

2018510()Newsモーニングサテライト

 

米国みずほ証券 兼松渉さん

 

フェイスブックの経営陣刷新はここ数年の事業拡大、そして企業買収などによる影響もあって、大きくなった組織の中で担当責任者の位置づけをより明確にするものとなっています。個人情報の管理などをめぐり、当局やユーザーからの風当たりが強まっている中で、創業以来で最大とされる今回の組織再編に対する投資家の関心も高いものとなっています。

今回新たにブロックチェーンのチームが発足した点が大変興味深いとみています。このチームを率いるデビット・マーカス氏はオンライン決済大手、ペイパルの元CEOであり、仮想通貨の取引所、コインベースの取締役会メンバーでもあります。ザッカーバーグCEOは仮想通貨に関心があることを明らかにしていますが、フェイスブックはこういった決済の分野で中国のアリババやウィチャットと比較して出遅れているとの指摘もあります。将来的にはこういったライバルを追い上げる一つの手段として、フェイスブックやメッセンジャーなどの機能の中に仮想通貨が織り込まれる可能性もあると考えています。

«ビッグデータの分析に基づいたスリープテックが進展すれば、関連企業だけではなく、より良い睡眠を通して私たちも恩恵を受けられると期待できます

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ