カテゴリー

最近のコメント

アマゾンなぜ半導体を製造

2019年12月6日(金)Newsモーニングサテライト

岡三証券NY 近下篤子さん

アマゾンのクラウド事業、AWSが2日から開始した最新のサービスを紹介するイベントで、アマゾンが独自に開発したサーバー向け半導体、Graviton2を発表しました。アマゾンは2015年にイスラエルの半導体企業を買収していて、半導体製造への進出に動いています。
大量の高速データ通信やコスト削減お需要に対応するため、アマゾンはAWS向けにカスタマイズされたCPUの開発を進めています。サーバー向けCPUではインテルは圧倒的な市場シェアを誇っていますが、今回発表されアマゾン製のCPUはインテル製よりコストパフォーマンスが高い最大で40%優れているとアマゾンは主張しています。また、半導体のファイルを設計しているのはソフトバンクが買収したイギリスのアームホールディングスで、これまでサーバー向け半導体の分野ではインテルの後塵を拝してきました。今回、アマゾン製の半導体にアームの設計が採用されたことで、業界地図が変わる可能性があるかもしれません。
半導体企業の大手顧客であったアマゾンなどのハイテク企業が自ら最先端の半導体を開発するトレンドが広がっています。グーグルが人工知能の分野でEdge TPUと呼ばれる半導体を販売し、マイクロソフトも用途に応じて、プログラムを書き換えられる集積回路の開発を進めています。今後はハイテク大手が半導体市場の新たな可能性を切り開く流れとなりそうです。

外部の競技経験者らが担う部活動指導員制度

教員の勤務時間が長くなる要因の一つとされている部活動の指導や大会への引率などを、外部の競技経験者らが担う「部活動指導員」制度が中学を中心に広がりつつあるそうだ。
知識や経験がある指導員による部活動のレベルアップと、教員の負担軽減が期待できるらしい。
ただ、地域によっては、指導ができる人材の確保という課題も残されているという。
中学年代に対する指導者育成は競技団体ごとの格差が大きすぎて、依頼できる競技が限られそうだ。
そもそも部活動が必要かどうかを議論すべきだろう。

クラウデッド傾向の強い株は

2019年12月5日(木)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

クラウデッドトレードという言葉です。クラウデッドというのは混みあった、満員のといった意味で、年々、投資資金が一部の取引に集中する傾向が高まっています。今年、最もクラウデッドだったのは米国債、次がハイテク株となっています。昨年はFAANG株がこぞって買われ、集中が進み過ぎた結果、12月の下げがきつかったように、行き過ぎは要注意です。
昨年12月は利上げ懸念で、巻き戻しが起きましたが、今は金融政策が緩和なので、まったく状況が違います。確かにハイテク株指数は年初来4割近く上昇し、利益確定が出やすいタイミングですが、バブルにならないためにはガス抜きも必要です。また、来年は利下げの効果で、企業業績も上昇基調を取り戻すと予想され、リスク回避で債券に集中していた資金が株に戻るとみられます。
市場は15日の関税は再延長されると想定していますが、この見通しが揺らいだ場合の株価の下げは3~5%とみています。来年にかけて、債券から株への資金ローテーションが進むと大きな受け皿が必要となりますので、IT株に調整が入った時は買いのチャンス、投資妙味が大きいと考えています。

人権に配慮するサプライチェーンづくり

味の素など日本企業が原材料の調達先から業務の委託先まで「人権」に配慮するサプライチェーンづくりを急いでいるそうだ。
非政府組織(NGO)など外部の専門家と組み、自社では把握しづらい取引先の労働実態などの情報を集め、早期に改善できるようにするという。
人権配慮のサプライチェーンは国連の指針に沿って国も行動計画づくりに乗り出しているらしい。
低価格の裏には必ずからくりがあるというのは企業もわかっているはずで、やっとそこに目を向け始めたという印象だ。

動画配信のフレネミーとは

2019年12月4日(水)Newsモーニングサテライト

米国みずほ証券 兼松渉さん

フレネミーという表現をよく耳にするようになりました。フレンド、友人とエナミー、敵ですね、くっつけた造語で、最近、競争が増しているインターネット動画配信の分野でネットフリックスやアマゾン、そしてウォルトディズニーなどの関係を説明する際に使われている言葉なんですね。
これら3社は動画配信の分野において、どう考えてもライバル同士であるのですが、実は3社ともに共通している点があるんですね。それは動画の配信に当たり3社揃って、アマゾンのクラウドサービス、AWSを使っていると点なんですね。これらの企業は動画配信サービスの市場シェアの奪い合いを繰り広げている一方で、その膨大の量のデータの多くはAWS、アマゾンのクラウド上に保存され、処理されています。
いくらインターネット動画配信の分野における競争が加速しても、その勝ち負けとは関係なく、それを利益に結びつけることができるのがアマゾンという話なんですね。前回の決算ではアマゾンの営業利益の約7割がこのクラウド事業によるものでした。今後は動画配信の利用者が増え、コンテンツも増え、高画質化などによりデータの量も増えることが予想され、最終的にその恩恵を受けるのはアマゾンであると考えています。

美術の世界で女性活躍を支援しガラスの天井を破ろうとする動き

美術の世界で女性活躍を支援し「ガラスの天井」を破ろうとする動きが活発のようだ。
作品本位で実力勝負の世界とされるなか、例えば美術館の学芸員や来場者は女性が多いにもかかわらず、館長は男性が大半を占めているのが現状だという。
多様性確保の面からも、取り組みに注目が集まっているらしい。
美術館の多様性は観光資源になるというのは実証済みで、多様な人材の登用を期待したい。

アメリカ年末商戦を分析

2019年12月3日(火)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタル・マネジマント 堀古英司さん

製造業が不調の中でも個人消費が支える形で堅調な年末商戦になる見通しです。例年の傾向はずっとそうですけれども、オンライン販売が好調で、アドビ・アナリティクスによると、今日、サイバーマンデーの売上は前の年に比べて19%増になる見通しが立っています。
特に去年秋くらいまではいわゆるアマゾン効果といって、多くの小売企業がアマゾンによって、競争に負けて淘汰されていくのではないかという状況だったんですけれども、この1年ぐらい、状況が変わってきているんですね。S&P500小売業指数とアマゾンの株価を比べると、この1年はその他の小売の方がパフォーマンスがよくなっていて、小売企業のほうもアマゾンに対して対策を工夫してやって、その結果が出てきている状況だと思います。
今年は例年にも増して家電商品への注目度が高くなっています。アップルのiPhone11ですけれども、一部売り切れとなる小売店が出ていると報道されています。手ごろな価格ではノイズキャンセル機能付きのAirPods Pro、10月末に発売になりましたけれども、こちらの人気商品になるのではないかといわれています。それからゲーム機ですね、任天堂のNintendo Switch Liteですね。9月の終わりに発売になりましたけれども、これが今、トップを走っていて、次にマイクロソフトのXboxなんかが人気になるのではないかといわれています。

地元産の青果物を飲食・小売業者に効率よく供給するやさいバス

地元産の青果物を飲食・小売業者に効率よく供給する「やさいバス」の導入地域が広がりつつあるそうだ。
静岡県の農業ベンチャーが考案したシステムで、冷蔵設備を持つ車が「バス停」を巡回して野菜を集荷・配達するという。
卸売市場からの大量購入とも、農家からの直接仕入れとも違う地産地消の新たな手法は、地域の飲食・小売業者や農家の活性化につながる可能性も秘めているらしい。
持続可能な収益を上げられるシステムなのかが普及のカギを握っているはずだ。

第20回 チャンピオンズカップGⅠクリソベリル

2019年12月1日(日曜) 4回中京2日
発走時刻:15時30分
11レース 第20回 チャンピオンズカップGⅠ
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:1,800メートル(ダート・左)
実況:中野雷太さん

古馬の壁など関係なし。着差は僅かも6連勝。無傷の6戦全勝。5番クリソベリル、3歳馬、新王者に就きました。鞍上、川田将雅です。タイムは1分48秒5。フェブラリーステークスの覇者、4番インティ、外GⅠ5勝の古豪、ゴールドドリーム、その間に入る形で追い比べ。5番クリソベリル、3歳馬、この追い比べを制しました。首一つ遅れて11番ゴールドドリーム2着。最後は交わされて4番インティ3着。3番チュウワウィザード4着。そして12番キングズガード5着。6着争いが16番ヴェンジェンス、そして6番オメガパフューム以下続いていました。タイム1分48秒5、ゴールまでの800m47秒7、600mは35秒7でした。

空間を垂直に離着陸して移動する空飛ぶクルマの実用化を急いでいる

国内外のスタートアップ企業などが、空間を垂直に離着陸して移動する「空飛ぶクルマ」の実用化を急いでいるそうだ。
日本のスカイドライブは年内に有人の飛行試験を実施する計画で、試作機の製作などのため15億円調達したらしい。
空飛ぶクルマは移動革命の中心分野のひとつで、米欧や中国で開発が活発のようだ。
制度づくりや事業モデルの確立も含め、地域間の競争が激しくなりそうとのことだ。
高齢者の移動手段として期待したいが、内部留保たっぷりの企業が参入を表明することはない。

«AIを使った言語翻訳の精度が人間のプロを超え始めた

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ