カテゴリー

最近のコメント

« 7番サープラスシンガー、今日は押し切りました | トップページ | いいものを知ってしまえば、もう悪いものには戻れない »

嘉風の下がっていく顔をまだ睨みつけています

2009年1月18日放送 NHK総合 大相撲 幕内の全取組 初場所 七日日

解説:音羽山(元貴ノ浪)さん 舞の海秀平さん
実況:藤井康生さん

嘉風-朝青龍
朝青龍七連勝、一瞬今日またひやりとしました。もう、花道を嘉風が勢いよく飛び出していきましたが、朝青龍も土俵際ひやっとしました。顔に嘉風の突っ張りが入りましたかね、嘉風の下がっていく顔をまだ睨みつけています。嘉風にもチャンスはありましたがね。
横綱、ヒヤッとしたと思いますよ。嘉風を褒めたほうがいいですね、今日は。合わせて突っ張ったんで、横綱のほうが大ぶりになったところをすっと入っていきましたんでね。ここで、勝負付きかけたんですが、この辺の体の使い方、残し方、独特のリズム感だよね、横綱残しますよね。
私は全く違った見方ですね。全く余裕なく見えるんですね。四日目の雅山戦もそうでしたし、今日でもやはり軽いんですよね。
余裕という面では、そんなに余裕があるわけではないんでしょうが、反応の良さというのはあったんじゃあないでしょうか。
途中、中に入られたり、押し込まれたりした時に、しっかりと突っ張っていないですよね。横から張り手のように大ぶりしていますよね。このあたりはかなり慌てているなという印象ですね。

« 7番サープラスシンガー、今日は押し切りました | トップページ | いいものを知ってしまえば、もう悪いものには戻れない »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘉風の下がっていく顔をまだ睨みつけています:

« 7番サープラスシンガー、今日は押し切りました | トップページ | いいものを知ってしまえば、もう悪いものには戻れない »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ