カテゴリー

最近のコメント

« 五日目にようやく掴みました | トップページ | 女性も男性を凌ぐ成績を収めることができる »

完全を目指してやらなきゃいけない

2009年1月13日放送 NHK総合 トップランナー

映画監督 マイケル・アリアスさん
キャメロン監督に学んだことは、監督は最後に帰ることかな。スタッフが帰ってから、ようやく帰るんですよね。作品に対する愛があって、自分を見本にして、スタッフを引っ張っているんですよね。それがすごいかっこよかったですよね。

人生の、38歳までのすべてが入っているような雰囲気で、いい悪いを別として、自分が全部そこでやり切ったから、そういうのって、人生の中であまりないじゃん。だから、鉄コンはこれからやる映画の仕事の原点になっちゃうような気がするんですよね。

前から、自分に迷いがあった時から、揺れていると感じた時に、キャストに任せたらどうかなと。任せたら、意外とみんな、常に向いている方向が一緒だから、きっとちゃんと進んでいくだろうなというのが、監督として一番の安心だったんですね。アニメーションの実写も同じ映画作りなのに、アプローチの違いがすごく面白いですね。

-------------------------------------------

2009年1月13日放送 NHK総合 プロフェッショナル 仕事の流儀 

腕一本 それが男の生きる道

へら絞り職人 松井三都男さん
怪我から学んだことは、何事にも逃げなくなったということですよね。どんな仕事からも逃げない、挑戦する、ということですよね。
自分の中に闘志が潜んでいるとは思っていなかったですよね。
闘志は、苦境になればなるほど、そんなになる気がします。

完全なんて、到底できはしないんだけど、目指してやれば、だんだん腕は上がっていくじゃないですか。だから、完全を目指してやらなきゃいけないと思うんだよね。

« 五日目にようやく掴みました | トップページ | 女性も男性を凌ぐ成績を収めることができる »

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完全を目指してやらなきゃいけない:

« 五日目にようやく掴みました | トップページ | 女性も男性を凌ぐ成績を収めることができる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ