カテゴリー

最近のコメント

« 味わえば、8割2割が逆転するなと思いました | トップページ | ヘッジ売りが今日のマーケットを抑えた »

最後は個人の能力の差

2009年1月13日放送 NHK BS1 サッカー イングランド・プレミアリーグ 

第21節 アーセナル 対 ボルトン

解説:小島伸幸さん
実況:一橋忠之さん

ベントナーの決勝ゴールでアーセナルが勝ち点3、しっかり確保しました。苦しんで苦しんで、なかなかゴールが奪えない中、最後は後半の39分のベントナーのゴールで勝利しました。

最後は個人の能力の差だと話をしたベンゲル監督。
決めたベントナーも素晴らしかったですけどね、それに応えた選手の個々の能力も本当に高かったですよね。
シュートの数は19本と2本ということで、ポゼッションも76%と24%。この数字を見ていただければ、今日のゲームが大体わかると思うんですが。
よくボルトンが耐えたという感じだったと思うんですけどね。
ベンゲル監督の話の通り、最後は個人技でベントナーが決めました。

« 味わえば、8割2割が逆転するなと思いました | トップページ | ヘッジ売りが今日のマーケットを抑えた »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後は個人の能力の差:

« 味わえば、8割2割が逆転するなと思いました | トップページ | ヘッジ売りが今日のマーケットを抑えた »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ