カテゴリー

最近のコメント

« 戦乱の国に緑を取り戻そうとアフガニスタンに来た日本の青年 | トップページ | バルサは開幕戦以来の負けですよ。 »

お客さんの立場になってというのでも何でもなくて、自分が使いたいからなんですよ

2009年2月22日放送 NHK総合 月刊やさい通信2月号

落語家 柳家さん喬さん
私たちって、みかんて、どこか、一つランク下に考えていたんですよね、果物として。外国の果物のほうが美味しくて、豊潤であると思っていたんですが、やあ、日本一、世界一。
みかんって、歴史の割には、すごく日本人に根付いた食べ物で、。そこに、バックボーンに暮らしがあったり、青春があったり、それに価値観があったりとか、みかん一つで、自分を振り返るような材料になるなんて思わなかったですね。

-------------------------------------------

2009年2月22日放送 NHK総合 経済羅針盤

人材派遣最大手 雇用対策は

スタッフサービス・ホールディングス 本原仁志社長
特に、予想もしないような景気後退に直面している時に、この数年間は乗り越えないといけないわけですね。雇用という観点で、日本は。今、健康保険、それから厚生年金というのは、2か月以上の仕事の見込みがあれば、加入するという状況になっているんですが、そこに合わせて、今の1年ではなく、短い方でも雇用保険に入れるように、運用を緊急避難的にも、2,3か月に。派遣スタッフにとってわかりやすいのは、健康保険と同じタイミングの2ヶ月なんですね。そこまで思い切ってそこまでやるというのは一つの手だと思っていますね。

高いスキルを持っている方は、常用で、派遣会社が給料をお支払いして、お仕事を探すことはできるんですね。ただ、スキルがそこまで高くない方々について言うと、逆に働く方がたくさんおられるので、すっといつも抱えた状態で、常にお仕事をするという状態は、現実に、実は事業上の構造が成り立たないので、そういう意味で言うと、結果的には、今の登録型によって、雇用を生んでいるところが下がってしまう、もしくは失ってしまうというふうに捉えざるを得ないですね。

-------------------------------------------

2009年2月22日放送 NHK総合 課外授業 ようこそ先輩

全身で伝えよう 

ダンサー 森山開次さん
体を使って、表現することを忘れないでください。これから大人になって、いろんなことがあると思うけど、自分のこの身体と自分のこの名前とともに、ずっとこれから生きていきます。自分の名前を支えに、自分の身体を支えに、大きくなってください。

-------------------------------------------

2009年2月22日放送 テレビ東京 ソロモン流

家具店 トラック オーナー 黄瀬徳彦さん、唐津裕美さん
ほんまに使いたいとか、自分らがほしいと思うものを、とりあえず作って、喜んでて、それを見て、ええって思ってくれた人が買うという規模の話なんで、だからこそ、好きなことが、やっているんだと思うんですね。

自分も使いたいから作っているわけで、自分が嬉しく使いたいというのと、お客さんが使うのに何の差もないですよね。だから、お客さんの立場になってというのでも何でもなくて、自分が使いたいからなんですよ。

人間が生活する中で、木というものが絶対あったほうがいいし、生きている木だから、人間の勝手で、邪魔やから切れと。違う木を買ってきて植えたらいいみたいな感覚というのは信じられへん。

« 戦乱の国に緑を取り戻そうとアフガニスタンに来た日本の青年 | トップページ | バルサは開幕戦以来の負けですよ。 »

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 戦乱の国に緑を取り戻そうとアフガニスタンに来た日本の青年 | トップページ | バルサは開幕戦以来の負けですよ。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ