カテゴリー

最近のコメント

« 別人のスコラーリ。もう後がないとささやかれても不思議ではありません | トップページ | ブラジルはまだ耕作可能な農地の4分の1も開拓していないんだ »

どうにか時代についていける農業

2009年2月1日放送 NHK総合 産地発 たべもの一直線

福岡 志摩町発 ハーブ

ハーブ作り一直線 久保田稔さん
人が作っていない品物を作ると言いますか、それと、少ない面積で収益を上げると言うかですね、農業というのは力仕事なんですけど、そんなに力もいらないし、そういうことから軽いやつ、すぐに換金できるやつ、そういう作物を作ったらいいよとか言って、親父もそうやっていましたけど。
人が作ってないものを作れば、いいというのがおやじの考えだったから、時代は変わりましたけれども、私がハーブになったということかもしれませんね。
これからも変わらないといけないし、畑の中でも、8割は収益性の上がるやつですから、あとの2割は次の時代に合うやつとか、勉強と言いますか、試作の段階、そんなやつを2割は。私はいつも2割はいつも遊びだと言っているんですけどね。
お客様が食の要望といいますか、業務筋の方も世界中を回って、勉強してられますので、それに合う野菜と言いますか、ハーブを作れば、どうにか時代についていける農業ではないかと思うんですけど。

-------------------------------------------

2009年2月1日放送 NHK総合 経済羅針盤

売れる雑誌の仕掛け人

宝島社 蓮見清一社長
雑誌の中身がどんなによくても、それは読者にとっては必ずしも絶対必要なものではないわけですね。やはり、雑誌を絶対必要なものに近づけたいと言うのが付録をつけている理由なんです。
雑誌の未来は、私は明るいし、出版社というものは、自信を持って雑誌を作っていくべきだと思います。インターネットが今ブームだからと言って、右顧左眄すべきではないと思いますね。出版というのは500年の歴史があります。インターネットはブームになってまだ10年程度ですね。ですから、500年に歴史の中で、浮き沈みがあると言うのは当然のことなので、それはむしろ作り手側の主体的な行動として、乗り切っていくという、そういう気迫とか、自信というものを持たなくてはいけないと思いますね。

-------------------------------------------

2009年2月1日放送 NHK総合 課外授業 ようこそ先輩 

自分を生きる

書家 柿沼康二さん
字を書かせると言うよりも、おまえは誰だと言うのをこの12歳、13歳のタイミングで考えてほしかったですね。自分はできなかった。授業を通して、それが見えない子も後々どっかで考え始めると思うんですよ、遅かれ、早かれ。

-------------------------------------------

2009年2月1日放送 テレビ東京 ソロモン流

劇作家 演出 女優 渡辺えりさん
芝居は劇作家がいないと成り立たないんですね。役者だけがいても、演出家だけがいても、何もできない。
これだけ若い人たちが活躍してくれたらうれしいし、この人たちが活躍することがよかったなと思います。
自分はもちろん死ぬまで芝居をやっていきたいですよ。だけど、自分がやってきた、やってきたとか、そんなことだけ主張してどうするんだって。生きていてよかったと思えるような世の中を作っていこうとする一員でありたいと思いますよね。

« 別人のスコラーリ。もう後がないとささやかれても不思議ではありません | トップページ | ブラジルはまだ耕作可能な農地の4分の1も開拓していないんだ »

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうにか時代についていける農業:

« 別人のスコラーリ。もう後がないとささやかれても不思議ではありません | トップページ | ブラジルはまだ耕作可能な農地の4分の1も開拓していないんだ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ