カテゴリー

最近のコメント

« 消費がシュリンクしていく | トップページ | 努力が実を結ぶまで、頑張らせるのよ »

サッカーは肉体と知性が共存するスポーツとして捉える必要がある

2009年2月16日放送 NHK BS1 世界のサッカー情報

元ジェフ市原監督 ジョセフ・ベングロッシュさん
トップレベルのヨーロッパサッカーは今ではみな同じくらいの力関係なので、非常に些細なことが優劣をつける要因となっています。ミスの少なかった方、メンタル面で優位だった方、プレッシャーにより強かった方、カウンターアタックに長けている方が試合を制することができるのです。これらのものが、トップレベルの舞台で、勝敗を決定する要素となるのです。今の時代、ヨーロッパサッカー界に弱い対戦相手など存在しません。存在するのはいいチームと完璧なチームだけなのです。いまや、選手と監督の状態がすべてを左右するのです。ですから、可能な限り多くのアドバンテージを手にする必要があります。優秀な監督になるには知的でなければなりません。身体的な戦いと捉えている監督では、もはや通用しないのです。これからの時代、サッカーは肉体と知性が共存するスポーツとして捉える必要があるでしょう。

« 消費がシュリンクしていく | トップページ | 努力が実を結ぶまで、頑張らせるのよ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 消費がシュリンクしていく | トップページ | 努力が実を結ぶまで、頑張らせるのよ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ