カテゴリー

最近のコメント

« どうやらアメリカのヘッジ系のファンドだと思うんですけど | トップページ | お客さんの立場になってというのでも何でもなくて、自分が使いたいからなんですよ »

戦乱の国に緑を取り戻そうとアフガニスタンに来た日本の青年

2009年2月22日放送 NHK総合 NHKスペシャル

奥アマゾンの神秘 サル王国の謎に迫る

この森に棲む多くの猿たちは昆虫から植物まで幅広く食べていました。一方、クモザルとホエザルは植物だけ。それは、2種類の猿が他の猿との食べ物をめぐる競争の中で、あえて選びとった生き方だとも考えられます。
氷河期の森の縮小は、そうした競争にさらに拍車をかけたことでしょう。島のように取り残された森では、避難してきた動物たちの間で、食べ物をめぐる厳しい生存競争が起きたと推測されます。環境の変化が動物たちに新しい適応を迫りました。特に、食べ物を確保することは、生き延びるうえで欠かすことができません。それまでと違うものを食べるようになった猿は、生き残ることができ、新たな種への第一歩を踏み出していったのです。植物を専門に食べるクモザルやホエザルは、果実や葉が豊富な森の一番上で暮らしています。植物と昆虫を両方食べる雑食の猿は中間を移動しながら、登り降りを繰り返します。そして、昆虫を主食とする猿は、昆虫が潜む下の方で活動するのです。森の中には、猿たちが進化を繰り返しながら作りだした共存の秩序が出来上がっています。その中で、もっぱら植物だけに頼るようになった動物たち。彼らはサラオがあったからこそ、生き残ることが可能になったのかもしれません。
熱帯雨林の中の奇跡のような空間、サラオ、それは動物たちにとって、まさに薬局のような場所なのかもしれません。

-------------------------------------------

2009年2月22日放送 NHK総合 NHKスペシャル

うつ病治療 常識が変わる

医薬品卸売会社の営業マン
多いですね、雑居ビルの2階とか。今まさに患者さんが増えていますよね。そういう流れに乗り遅れないように、バスに乗り遅れるなという意味で、1日でも早く開業しようという先生は増えています。基本的には机と椅子さえあれば、開業出来てしまいますので、普通の内科に比べますと、開業にかかるコストは少ないと思いますね。

精神科開業医
かなり薬漬けということがあったり、必要もないのに、受診させたりとか、そういうことで医療費を食っていく。医療をビジネスとして捉えて、儲かる、儲からないに価値観を持っていらっしゃる方がやっぱりどうしても多いように感じるんですね。
やっぱり必要最低限の知識と修練はしておかないと、できるはずがありません。ですから、自分がそれだけの技量とか、自信がないにもかかわらず、そういうかを標ぼうできるということ自体が学会か、行政が何らかの形で一定の基準を作っていかないと。

クリニック受付
それはもう直接、取材にお答えする形は必要ないかと思いますので、適正な形がどうなのかというのは、医師のみが判断することですので、こちらで失礼します。

-------------------------------------------

2009年2月22日放送 NHK総合 NHKスペシャル

菜の花畑の笑顔と銃弾

砂の下には肥沃な土。水さえ届けば作物が育ちます。まず、砂防林として、3万本の木を植えます。そして、定住する人々にサツマイモやコメ作りを教える予定です。
戦乱の国に緑を取り戻そうとアフガニスタンに来た日本の青年。乾いた大地にまいた種が、今、水を得て広がろうとしています。
伊藤は大事なことをいろいろと教えてくれた。学んだことはみんなに広めていくよ。

« どうやらアメリカのヘッジ系のファンドだと思うんですけど | トップページ | お客さんの立場になってというのでも何でもなくて、自分が使いたいからなんですよ »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦乱の国に緑を取り戻そうとアフガニスタンに来た日本の青年:

« どうやらアメリカのヘッジ系のファンドだと思うんですけど | トップページ | お客さんの立場になってというのでも何でもなくて、自分が使いたいからなんですよ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ