カテゴリー

最近のコメント

« 法隆寺は聖徳太子の仏教研鑽の場から、聖徳太子信仰の寺へと変容を遂げました | トップページ | 日興シティグループ証券が何と10783枚売り越しているんですよ »

結局、できない理由をみんなで見つけてしまうんです

2009年3月15日放送 テレビ東京 ソロモン流

フードコーディネーター 祐成二葉さん
ただお料理を作るだけではなくて、自分で設定とか、いろいろなアイデア、ラッピングとか考えて、それを逆に提案して、最初1ページのページだったんですけれども、それが見開きになったりとか、自分のやりたいことを売り込むだけみたいなところがあったので。
最初の頃は、わたしはこういうことを学びに来たんじゃないわ、とか言われたりとか、そういったこともあったんですけど、それも母もいたことで、乗り切っていけたこともあり。

-------------------------------------------

2009年3月16日放送 テレビ東京 カンブリア宮殿

仕事は森にある

速水林業代表 速水亨さん
僕も月末の支払いがなかったら、こんな楽しい商売、今、ないですから。楽しいですよ。木を育てるって、モノを作るとか、絵を描くとか、同じなんですよ。自分の作品のような気持ちなんですね、時間をかけて作った。

本当はもっと高く売りたいというのはやまやまですね。ただ、今、悲しいかな、木の値段というのは自分たちで決められないんですよ。市場は全部マーケットが決めてくるから、これだけコストがかかったから、この値段でという議論ができないのは、非常に厳しいです。

昭和から平成に変わるころに、海外から機械を持ってきて、普及させる活動を全国的にやっていたんですけど、私が呼ばれてしゃべるわけです。その会が終わって、必ず、県の指導者の人たちが私の周りに集まってきて、その地域で機械化できない理由を全部説明してくれるんですよ。私はしゃべればお金をもらうわけですよ。僕に金払って、できない理由を僕にしゃべっていてもしょうがないわけ。いかにも日本の林業そのものなんですよ。結局、できない理由をみんなで見つけてしまうんです。例えば、道をつけようと思っても、日本は急傾斜だから道はつかないという。でも、どこに行ったって、別の難しいところがあるわけですよ。北欧行けば、零下20度で林業やらなければいけない。木の成長は日本の半分以下だと。難しいことはいっぱいあるんだけれども、日本って、実に日本的なところにみんな逃げ込んじゃったんですよ。

受け皿として受け入れられるのは、一つの県にせいぜい100人。4000人ぐらいですよ。10数年の木の枝うちだったら、1日に100本とか、それぐらいはしてほしいわけですから、1本いくらで払うしかないですね。例えば、1本80円とか、100円とか、そんなもんでしょうね。1本の枝じゃないですよ。林業は給料厳しいですよ。

-------------------------------------------

2009年3月17日放送 NHK総合 トップランナー

ヒップホップユニット HOME MADE 家族
いろんなレコード会社から話を聞いていると、唯一、今の担当の人だけは、デビューは焦ってしちゃダメだよって。でも、僕らはデビューしたい、デビューしたい。デビューしたら、やったあ。就職できたという感じじゃないですか。でも、その人だけは、デビューがゴールじゃないからね、って何回もいうんですよ。デビューしてから、その後、どうやってやっていくかとか、ペースも速くなるし、リリースして、どんだけ人に届けられるかというのが問われてくるから、だから、その前にもっと力付けたほうがいいよ。何かやる気ないんじゃないのかなと思ったんですよ、正直。だけど、デビューしてから、その意味がよくわかりました。ここが、次のスタート。だから、そこまでの準備はチャンとしておいた方がいいんだなと。

« 法隆寺は聖徳太子の仏教研鑽の場から、聖徳太子信仰の寺へと変容を遂げました | トップページ | 日興シティグループ証券が何と10783枚売り越しているんですよ »

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局、できない理由をみんなで見つけてしまうんです:

« 法隆寺は聖徳太子の仏教研鑽の場から、聖徳太子信仰の寺へと変容を遂げました | トップページ | 日興シティグループ証券が何と10783枚売り越しているんですよ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ