カテゴリー

最近のコメント

« リヴァプール、このプレミアリーグで16試合ぶりの敗戦 | トップページ | 現物にそれなりの買い物が入ってくるかどうかがやはり相場の動向を左右する »

周りのせいにしてたとか、そういう気持ちの方が大きかったんじゃないかな

2009年2月24日放送 テレビ東京 ガイアの夜明け

雇用動乱 ニッポンのモノづくり 崩壊の危機

三菱ふそう元派遣社員 西本孝治さん
周りのせいにしてたとか、そういう気持ちの方が大きかったんじゃないかな。何で、俺ばっかりみたいな。
ルーティンワークをずっと繰り返していると、何にも考えたくなくなってしまうんですよね。ブザーが鳴って、次にブザーが鳴るまでずっと休む暇もなく、話す暇もなく動いているだけなので、考えないのが一番いいんですよね、コツが、それを続けるには。
工場で仕事を探すのは無理じゃない?工場に求人はないよ。それ以外のことを考えるしかない。今は職業訓練校に通いたいのに、枠がない可能性もあるのがちょっと気になると思いますので、自分で調べてみたいですね。こんなことやっている場合じゃないみたいな。

日本マニュファクチャリングサービス 社長 小野文明さん
時給が1円も上がらない。評価もされない。ちゃんと仕事ができるのに、仕事を任せてもらえない。辞めていく。また新しい人間が入る。また一からやり直すと。これがほとんどの現場の実態ですね。
感情論とか、同情論とかで進むこともすごく危険ですよね。今回の派遣村とかもそうなんですけど、可哀想、可哀想でやっているんですけど、それだけで物事が進んでいくと、解決策も見いだせないし。
メーカーと伍して、同じレベルで動けるような人材育成をしていかなければ、生き残る価値がないということですね。メーカーさんも使う意味がないということですね。

-------------------------------------------

2009年2月21日放送 NHK BS1 地球特派員2009

中東はどう変わるか オバマ大統領への期待と現実

中東調査会 上席研究員 大野元裕さん
話聞けば聞くほど暗くなってきますよね。みんな口々に言う言葉がおんなじで、もう疲れたという言葉を言うんですよね。話を聞くと、一人は、旦那さんが体を木っ端みじんにされた。彼らの多分一番深刻なことは、希望が描けない。どこまでいけば、これが終わるんだろうということが、見えてこないということが一番の問題だろうと思います。

誰が何と言おうと、イラクからの撤退は確実に始まるはずなんです。ただ、規模はいろいろあると思いますが、そうすると、イラク人は、好むと好まざるとにかかわらず、自分たちのやるべきことが増えてくる。それはもうすでに第一歩を踏み出していますから。ただ、踏み出した先に困難があるかどうかは、まさに神のみぞ知る世界ですね。

私自身は北イラクをおとづれるのは19年ぶりだったんですね。ものすごく変わった。特に、半ば、独立的な状況になってから、すでに10年以上たっていますから、そんな中で、人々の独立色、あるいは独自性というものが強くなって、例えば、二十歳ぐらい、あるいは30以下ぐらいの人ですかね、もうアラビア語がしゃべれないんですよ。イラクの国内にいながら、アラビア語が喋れないんですよ。彼らに、民主的になりましたか、と聞くと、いやいや、これから独立だ、というんですね。今までと全然違う反応が出てくるという意味では、ちょっとショッキングでしたね。

« リヴァプール、このプレミアリーグで16試合ぶりの敗戦 | トップページ | 現物にそれなりの買い物が入ってくるかどうかがやはり相場の動向を左右する »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« リヴァプール、このプレミアリーグで16試合ぶりの敗戦 | トップページ | 現物にそれなりの買い物が入ってくるかどうかがやはり相場の動向を左右する »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ