カテゴリー

最近のコメント

« 自分はなんて無益なことをしてきたんだろうか | トップページ | TCIのこれからの出方が非常に注目ですよね »

彼らは、自分たちこそ、ヤノマミ、人間だといったのだ

2009年4月15日放送 NHK総合 NHKスペシャル

ヤノマミ 奥アマゾン 最初の森に生きる

女が一人、生まれたばかりの子供を弔っていた。子供の亡骸はシロアリの巣の中におさめられている。シロアリに食べさせたのち、巣ごと焼き払うことで、天に送る。だが、子供を殺めたのは母である女自身だった。
その部族は自らをヤノマミと呼ぶ。人間という意味だ。
ブラジルとベネズエラにまたがる深い森の中に、ヤノマミの家がある。
私達は10年近く交渉を続け、150日間という長期の同居が許された。だが、彼らは私たちをナプと呼び、自分たちを明確に区別した。ナプとはヤノマミ以外の人間、あるいは人間以下のもの。彼らは、自分たちこそ、ヤノマミ、人間だといったのだ。

« 自分はなんて無益なことをしてきたんだろうか | トップページ | TCIのこれからの出方が非常に注目ですよね »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼らは、自分たちこそ、ヤノマミ、人間だといったのだ:

« 自分はなんて無益なことをしてきたんだろうか | トップページ | TCIのこれからの出方が非常に注目ですよね »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ