カテゴリー

最近のコメント

« 要するにペナルティエリアの中に、どれだけトップスピードで何回入ってきたのか | トップページ | ちょっと目先、達成感らしきものが出てきたかなという感じでしょうね »

絵師としては、地位も名誉も手に入れた等伯ですけれども

2009年4月15日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

美の戦国合戦 長谷川等伯VS狩野永徳 絵師たちの夢と野望

山形大学 教授 宮島新一さん
朝倉、それから武田、頂点に足利義昭という、包囲網を形成するという動きがあった。等伯もそれに乗ってみようと思ったんでしょう。できれば、それをきっかけに、足利将軍家に出入りするような画家になりたいと。

石川県七尾美術館 学芸員 北原洋子さん
絵師としては、地位も名誉も手に入れた等伯ですけれども、気がついてみれば、ライバル、そして後継者、そしてよき理解者と、次々に人の死に直面してしまうわけですね。これは私の想像なんですが、そんなとき、等伯の心の中にあったのは、郷里への思いとか、家族への思いだったんじゃないかと思うんです。そして、最終的に到達したのが、人のためではなくて、自分自身のために、心の中の風景を描いた松林図屏風だったんではないでしょうか。

« 要するにペナルティエリアの中に、どれだけトップスピードで何回入ってきたのか | トップページ | ちょっと目先、達成感らしきものが出てきたかなという感じでしょうね »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵師としては、地位も名誉も手に入れた等伯ですけれども:

« 要するにペナルティエリアの中に、どれだけトップスピードで何回入ってきたのか | トップページ | ちょっと目先、達成感らしきものが出てきたかなという感じでしょうね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ