カテゴリー

最近のコメント

« ちょっと悪化の度合いが弱まってきたので、不良債権処理などをもうちょっと先延ばししよう | トップページ | 日本はどちらかというと、子供さんは守るべき存在 »

自分が本当に知りたいところ、心配なところを集約的に、短期間に調べてあげるシステムを提供したい

2009年7月27日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

ウィスコンシン州 グリーンベイ べリン病院 ケネス・バートンさん
簡易診療所の患者の半分はべリン病院を利用したことがない。その患者をべリン病院に取り込むことができる。

べリン病院 ブラッドリー・ウォズニー医師
患者の症状が事前に分かるので、何度も患者に聞かなくて済む。おかげで、1日に診察できる患者数が6人増えた。

ウォルグリーン ナース・プラクティショナリー
アメリカには職を失い、苦しんでいる人が大勢いる。無料診察はそんな人たちを助けると同時に、患者の獲得にも繋がる

熊本大学 医学部附属病院 池田勝義 臨床検査技師長
これが検査カフェの券売機になります。健康が気になる方(1900円)が一番、皆さん最初に大体これが普通の健康診断でやるような検査項目が入っていますから、これが一番多いですね。

熊本大学大学院 医学薬学研究部 安東由喜雄教授
一泊二日で4万円とか、5万円とかでお金も高い、時間もかかる。自分が本当に知りたいところ、心配なところを集約的に、短期間に調べてあげるシステムを提供したいと。
未病の人をかからないでいい病気にかからせないようにしてあげると。最終的には医療費の削減につながると。

« ちょっと悪化の度合いが弱まってきたので、不良債権処理などをもうちょっと先延ばししよう | トップページ | 日本はどちらかというと、子供さんは守るべき存在 »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと悪化の度合いが弱まってきたので、不良債権処理などをもうちょっと先延ばししよう | トップページ | 日本はどちらかというと、子供さんは守るべき存在 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ