カテゴリー

最近のコメント

« ゼロ金利を続けたからと言って、不良債権問題が解決するわけではないと思います | トップページ | 地価が上がることによって、相続の中にかかわってこられて、自分の権利を主張される »

ここからもう一度、経済条件が厳しくなったときに、打つ手がない

2009年7月21日放送 NHK BS1 経済最前線

野村証券 金融経済研究所 経済調査部長 木内登英さん
金融対策は、追加で政府のお金をつぎ込むということをやらなかったということで、民間主導の解決を目指したということなんですが、民間主導になりますと、どうしてもリスク資産を抑えていくという流れの中で、貸し出しを抑える貸し渋りということが起こってしまいますので、なかなか経済に大きなプラスの影響が出てくるというのは、難しいという局面だと思います。ただ、すでに財政政策も相当やってしまいましたので、ここからもう一度、経済条件が厳しくなったときに、打つ手がないという、むしろこれから厳しい局面に直面する可能性はあるように思います。

浙江省 寧波 文房具・玩具メーカー経営 黄吉力さん
我々は労働集約型で、付加価値も高くない輸出企業です。金融危機の影響は本当に大きいです。
金融危機はいつか再び形を変えて発生するでしょう。私たちのような輸出企業は、今、変革しなければ、また同じような困難に直面するでしょう。

« ゼロ金利を続けたからと言って、不良債権問題が解決するわけではないと思います | トップページ | 地価が上がることによって、相続の中にかかわってこられて、自分の権利を主張される »

経済最前線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ゼロ金利を続けたからと言って、不良債権問題が解決するわけではないと思います | トップページ | 地価が上がることによって、相続の中にかかわってこられて、自分の権利を主張される »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ