カテゴリー

最近のコメント

« 都心に空洞化ができまして、お客様が買い物をするにもするところがなくなっている | トップページ | 去年のラジオNIKKEI賞の勝ち馬、ここで復活、7番のレオマイスター »

コストを払ってまで年金にどういうことを期待するのか

2009年7月3日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

ムトウ 堀田守社長
いくら事業で利益を上げても、その利益部分がどんどんと年金に持っていかれると。積み立て不足に持っていかれるという形になって、将来的な企業の存続というのは難しいと。
これを手つかずで、従来のまま維持をするということは、企業としては自殺行為になると。企業が存続するということになれば、手をつけなくてはいけない改革であると。

ワトソンワイアット 大海太郎取締役
年金のコストというものが重くのしかかっている中で、そのコストを払ってまで年金にどういうことを期待するのか、あるいは、そのコストを削減するとしたら、年金というのはどうなってしまって、それが従業員にとってはどういうメッセージになるのか、こういったことを改めて考え直して、年金制度そのものの在り方というものを見つめ直すべきだと。

« 都心に空洞化ができまして、お客様が買い物をするにもするところがなくなっている | トップページ | 去年のラジオNIKKEI賞の勝ち馬、ここで復活、7番のレオマイスター »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コストを払ってまで年金にどういうことを期待するのか:

« 都心に空洞化ができまして、お客様が買い物をするにもするところがなくなっている | トップページ | 去年のラジオNIKKEI賞の勝ち馬、ここで復活、7番のレオマイスター »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ