カテゴリー

最近のコメント

« 太陽光の街は松山 | トップページ | 残念なことに、出口の製品化、ということろではなかなかうまくいかない »

日本海航路さえできれば、労働コストが高くなっても、日本国内工場とも競争できる射程距離

2009年7月15日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

吉林省 長春 一汽乗用車 汪玉春副社長
中国の自社ブランド車でも、必ず国産の部品を使うわけではない。海外から部品を仕入れている。日系の中小部品メーカーにも大きなチャンスがあるだろう。今、中国の自動車市場は競争が激しく、客は早い納車を求める。我々は部品を仕入れる期間をなるべく短くしなければならない。

琿春市に進出した小島衣料 全成哲社長
沿海部では労働コストがどんどん上がっていきます。賃金安定がすごく難しい。なぜならば、サービス業、沿海部の発展に従って、若い人がそんなところに移っていく傾向がすごく強かったんで。
日本海航路さえできれば、労働コストが高くなっても、中国国内工場じゃなくて、日本国内工場とも競争できる射程距離にいる。

朝鮮族の中学校 琿春市第五中学 日本語教師 田慧英さん
私のお母さんは、年取った、以前、満州時代に日本語を習ったんです。私のお母さん、私のお父さん、みんな日本語ができますよ。

« 太陽光の街は松山 | トップページ | 残念なことに、出口の製品化、ということろではなかなかうまくいかない »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

いいブログですね。
私は琿春市にいますが、琿春本地の人です。

何かお問い合わせがあれば、ご連絡ください。
アドレス:likun.zhang@mottobenri.com

いいチャンスですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽光の街は松山 | トップページ | 残念なことに、出口の製品化、ということろではなかなかうまくいかない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ