カテゴリー

最近のコメント

« この国で受けないと、他の国で使い物にならない | トップページ | 前例のない生き方というのはやっぱり難しいということですよね »

世代を超えて言い出しているような気がしますね

2009年7月13日放送 テレビ東京 カンブリア宮殿

修理職人スペシャル

日経エンタテインメント 品田英雄編集委員
効率という物差しではないところで、愛着というものが出て来て、高くても、面倒くさくても、愛着のあるものを大切に修理しながら使おうというのを世代を超えて言い出しているような気がしますね。

大切なもの修理します!
新光時計店 松浦敬一さん
儲からんです。実際に儲からん。それはどうしてか言うたらね、無駄が多いんですよ、こういう古いものを扱うのは。ゼンマイ1本探すにしても、出して、1日探してもなかったらパーですよ。そういう無駄が多い。
私はやめようと思ったことはないですね。直して動き出した時の感動が好きだし、持ってくる人のお客さんの気持ですね、時計そのものの値打ちよりは周りについてくるもののほうが多いんですよ、私の場合は。それを私は大事にしたい。

« この国で受けないと、他の国で使い物にならない | トップページ | 前例のない生き方というのはやっぱり難しいということですよね »

カンブリア宮殿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世代を超えて言い出しているような気がしますね:

« この国で受けないと、他の国で使い物にならない | トップページ | 前例のない生き方というのはやっぱり難しいということですよね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ