カテゴリー

最近のコメント

« 一頭一頭の牛の可能性を最大限引き出していく、極めて高度の飼料管理ができるシステム | トップページ | 日本にも、本当の意味で動物と共存する文化とか習慣が根付いていくんではないかな »

日本産はオランダ産をはるかに上回る品質。その素晴らしさは、どこもまねできない

2009年8月5日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

サカタのタネ 国際花ビジネス統括チーム 三浦高明 副執行責任者
作りやすい、きれいだ、環境にいいというようなものですね、そういうものを目指して、これからも育成していけば、海外のマーケットでも販売を伸ばしていくとは十分に可能だと思っています。

秋田国際ダリア園 園長 鷲澤幸治さん
お金になるダリアを大変残して、これから頑張ろうという上においていく、これがおれの役目だと思っている。

日本花普及センター 本田繁 調査課長
日本というのは、そのへんの農家さんでも育成をしているという、すそ野が物凄く広いというのが、この豊富な育種大国といいますか、その要因になっています。

大田花き 花の生活研究所 桐生進所長
まだ開拓してない販売先というのが多数あるので、そういったところにどんどんシフトしていくんではないかなと。

花き研究所 大久保直美博士
レストランなんかでは嫌われていたり、狭い家では香りが臭すぎるなと言われていたんですね。香りを抑えることによって、より用途が広がるのではないかと考えました。

なにわ花いちば 大西常裕 営業開発部長
けっこう、こんなん売れるのかなという部分もあったんですけど、人気ありますよね。
わしの作った花は売れへんわ、外国から攻められるわ、というそういう危機感とか、これからどうなっていくんだろうという不安もある中で、海外に逆にこっちから打って出ようと。
アメリカは誰もやっていないから、アメリカはいけるのと違うか

JA高知市 三里園芸部 西森義介さん
外国に出して、その評価を得て、そんなにいいんだよという評価をまた日本に逆輸入して、そうしたら、日本の中の消費にもなおさら繋がるんじゃないかな。

ニューヨーク花店 ゼゼ店長
日本産はオランダ産をはるかに上回る品質。その素晴らしさは、どこもまねできない。

« 一頭一頭の牛の可能性を最大限引き出していく、極めて高度の飼料管理ができるシステム | トップページ | 日本にも、本当の意味で動物と共存する文化とか習慣が根付いていくんではないかな »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 一頭一頭の牛の可能性を最大限引き出していく、極めて高度の飼料管理ができるシステム | トップページ | 日本にも、本当の意味で動物と共存する文化とか習慣が根付いていくんではないかな »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ