カテゴリー

最近のコメント

« ペントアップディマンドの部分が大きかったのだと理解しています | トップページ | 特に前半の30分までは鹿島に何もさせないぐらい素晴らしい出来だったと思います »

だんだんゆとりがなくなってきて、市場原理が入ってきて、売れないものは作らない

2009年8月19日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

クオンタムリープ 出井伸之 代表取締役
AIBOはコンピュータとメカとエレクトロニクスの融合なんで。
僕はものすごくもどかしかったですね。ソニーみたいな大きな会社で、企業の経営全体の体質を変えるまで、ドラスチックに変えるというのは、なかなかできない。

21世紀というのは、この間のリーマンショックその他で、いろんなものが、一遍パンと20世紀の幕が下りた。それで、21世紀的なものは何かというふうに考えなければいけないわけですね。

AIBOは産業として成り立たないです。今、これ、同じようなものって、タカラトミーに行ったら、2万9800円とかで買えるんじゃないですか。要するに、AIBO的な価値がおもちゃとして面白かった時代というのは一瞬あるんだけど。

DIME 水野麻紀子 編集長
ちょっと懐かしいⅰBookですとか、趣味性の高いものというのはこの時代まだまだ売れていたし、懐かしのシーマン、というゲーム、覚えていらっしゃいます?
高いんですよ、こう見えて18万5000円。これも猫型ペットロボットですね。
ちょっと売れるか売れないかわからないけれども、チャレンジしてみなよっていうようなことで、ユニークな企画がいくつか商品として出てきたと思うんですね。それが、だんだんゆとりがなくなってきて、市場原理が入ってきて、売れないものは作らない。そういうものは企画も多分通らない。というような時代になってきちゃって。

みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト 上野泰也さん
今起きている物価下落というのは、需要が少なすぎる、あるいは、供給が多すぎるという経済の歪みから来る物価下落、デフレなんですね。
企業は収益が圧迫される際限のない値下げ競争で体力が疲弊して、いずれは破たんしていくということになりかねませんから、悪いデフレというのは警戒的にみるべきだと考えています。

慶応大学 政策・メディア研究科 夏野剛 特別招聘教授
ほとんどの方が、このiモードというサービスが大きく花開くとは思っていなかったと思いますね。
iPhoneのワクワクするユーザインタフェイスとか、ああいうものは、私やりたかったなっと思うところがあるんですね。
やっぱりないと売れないじゃないかっという方がいらっしゃったり、合議制で決めていくと新しいものを生むのはかなり難しい。

« ペントアップディマンドの部分が大きかったのだと理解しています | トップページ | 特に前半の30分までは鹿島に何もさせないぐらい素晴らしい出来だったと思います »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ペントアップディマンドの部分が大きかったのだと理解しています | トップページ | 特に前半の30分までは鹿島に何もさせないぐらい素晴らしい出来だったと思います »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ