カテゴリー

最近のコメント

« 小売業が販売員を増加させるなど、季節的な要因もありまして、一部では雇用拡大が期待できます | トップページ | 日本産はオランダ産をはるかに上回る品質。その素晴らしさは、どこもまねできない »

一頭一頭の牛の可能性を最大限引き出していく、極めて高度の飼料管理ができるシステム

2009年8月5日放送 NHK BS1 経済最前線

北海道 千歳市 自動えさやり機を開発したメーカー 北原電牧 北原慎一郎社長
ただ、楽ができる機械というだけではなくて、一頭一頭の牛の可能性を最大限引き出していく、極めて高度の飼料管理ができる、そういったシステムにもあると思います。

牧場主 岩田政彦さん
労働的にも、こういうシステムがあれば、今は60頭ですけれども、100頭ぐらいまでは可能なのかなと。

« 小売業が販売員を増加させるなど、季節的な要因もありまして、一部では雇用拡大が期待できます | トップページ | 日本産はオランダ産をはるかに上回る品質。その素晴らしさは、どこもまねできない »

経済最前線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小売業が販売員を増加させるなど、季節的な要因もありまして、一部では雇用拡大が期待できます | トップページ | 日本産はオランダ産をはるかに上回る品質。その素晴らしさは、どこもまねできない »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ