カテゴリー

最近のコメント

« 紙が風を遮っている、それが現在の内部統制の持っている問題ではないかなと思います | トップページ | いつも批判ばかりしているんじゃなくて、たまには相手の意見を汲んで、引いたと見せかけて、攻める »

この発見は、クレオパトラの残酷な一面を新たに明らかにしたのです

2009年8月2日放送 NHK総合 NHKスペシャル

エジプト発掘 第3集 クレオパトラ 妹の墓が語る悲劇

モントクレア州立大学 プルーデンス・ジョーンズ博士
アルシノエがもう少し長く女王の座にいたら、事態は大きく変わり、私達は女王アルシノエを語ることになっていたでしょう。これは大変な発見です。クレオパトラと血の繋がった人が初めて発掘されたのですから。
アルシノエは自ら軍隊を指揮し、クレオパトラに対抗しました。エジプト人たちは、クレオパトラに変わり、彼女を女王と認めたのです。
アルテミス神殿は女神アルテミスを祭った聖地でした。アルシノエは政治的にも、宗教的にも、保護されることになりました。彼女にとって、ここは安全を意味していたのです。
これまで、クレオパトラが妹を殺害したということは、歴史資料に書かれた記述でしかありませんでした。今回の分析でわかった事実は、この事件が実際にあったことの物的証拠となります。この発見は、クレオパトラの残酷な一面を新たに明らかにしたのです。

ウィーン医科大学 ファビアン・カンツ博士
当時の154センチは大きい方だといえます。骨の太さはその人の体重によって左右されます。骨は常に変化する組織で、体重が重く、骨に負荷がかかれば、骨もより太くなるのですが、見たところ、この骨は大変細く、華奢です。ですから、アルシノエはスラリとしたスタイルだったと考えられます。
骨は完全に成長していませんでした。彼女はまだ成長段階にあったことを示しています。
骨に残った成長板をくまなく調べると、彼女が死んだ年齢は15歳から17歳の時だったと考えられます。
一般的な古代の人のX線写真です。若くして死んだほとんどの人の骨にはハリス線が見られます。
骨には病気やけがで死んだ痕跡はありませんでした。彼女は突然死んでいます。殺害された可能性があります。
即効性の毒では、骨に痕跡は残りません。若い女性が殺される場合、毒殺だった可能性が最も高いと思います。

イギリス スコットランド ダーディー大学 解剖・人物同定センター キャロライン・ウィルキンソン博士
目と目の間の鼻のつけ根がとても高いです。これは、ヨーロッパ系の人に見られる特徴です。
この頭がい骨は後頭部から額までがとても長い形をしています。これは、アフリカの古代エジプト人に見られる特徴です。
長い頭はアフリカ系の特徴、高い鼻の付け根はヨーロッパ系の特徴です。彼女は両方の特徴を受け継いだ混血に違いありません。

« 紙が風を遮っている、それが現在の内部統制の持っている問題ではないかなと思います | トップページ | いつも批判ばかりしているんじゃなくて、たまには相手の意見を汲んで、引いたと見せかけて、攻める »

NHKスペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 紙が風を遮っている、それが現在の内部統制の持っている問題ではないかなと思います | トップページ | いつも批判ばかりしているんじゃなくて、たまには相手の意見を汲んで、引いたと見せかけて、攻める »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ