カテゴリー

最近のコメント

« 何が何でも上値を抑えようという、一つの下方バイアスを感じさせる意図的なものだった | トップページ | まずは、自分の揺るぎない芯を確認すること、そのことが大事だと思います »

2005年の時、金利差があったので、先物で円を売ってヘッジをしていたので、全然為替相場に影響はなかった

2009年9月3日放送 テレビ東京 NEWS FINE

JPモルガン・チェース銀行 チーフFXストラテジスト 佐々木融さん
民主党が財政出動の財源として、埋蔵金を使うというふうに言っていて、その埋蔵金の在りかとして、一つ外為特会、外貨準備が入っているところを言っているんですけど、外国人を中心に、民主党になって、埋蔵金を使うということで、外国の債券、米国債なんかを売って、その財源にするんではないかと。したがって、円高になるんじゃないかというような思惑があったりするんですね。実際は、それはならないと思っています。というのは、外為特会の中に、外貨準備というのは外為特会の中に入っているんですが、外為特会という会計の中には、実は円資金も入っていて、それを本当に使えるかどうかは別問題として、使うとしたら、その円資金を使うはずなので、円高にはならないと。外貨を売る必要がないということですね。民主党政権になっても、日本の外国為替政策というのは、変わらないと思っています。
実は、外国人、日本株を4月ぐらいから買っているんですけれども、7月になって、政権交代が見えてきたころになって、買い越し額が増えてきているんですね。外国人投資家とかは、日本の政治とかに何か変化が起きそうになってくると、日本株を買う傾向があるというか、2005年の郵政解散の時、この時もかなり日本株を買ってきたんですね。今回も、民主党政権になって、ガラッと政権が変わりますので、もしかすると、このまま日本株の買い越しが続く可能性があるかなというふうに見ています。
2005年の時、ずっと日本株を買っていましたよね。この時、円高になっていたかというと、そうはなっていなくて、円安なんですね。なぜかというと、この時というのは、金利差があったので、外国人は日本株を買ってくるときでも、円売りヘッジをして、要は円を買って、日本株を買うんですが、先物で円を売って、ヘッジをしていたので、全然為替相場に影響はなかったんですね。今、金利差がないですよね。だとすると、為替をヘッジする意味がないので、そのまま円を買って、日本株を買うということになりますね。同じように日本株を買ってきたとしても、為替相場に対する影響って、全然変わってくるんですね。実際に、株と円の関係というと、株が上がると円安、株が下がると円高という関係だったんですけど、最近、8月に入ってきてから、ちょっと変わってきているんですね。株価がかなり安定しているのに、円高が進んでいると。これはすでに外国人の日本株買いによる円買いというのが影響している可能性があると思いますね。
今月は90円を割れて、前回の安値のところまで行くんじゃないかなとみています。

« 何が何でも上値を抑えようという、一つの下方バイアスを感じさせる意図的なものだった | トップページ | まずは、自分の揺るぎない芯を確認すること、そのことが大事だと思います »

NEWS FINE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何が何でも上値を抑えようという、一つの下方バイアスを感じさせる意図的なものだった | トップページ | まずは、自分の揺るぎない芯を確認すること、そのことが大事だと思います »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ