カテゴリー

最近のコメント

« ポメラは少数でも、熱烈な支持があれば、それはすごく企画として可能性がある | トップページ | 人件費の低さで競争力を維持する国をずっと目指すとしたら、世界最貧国と同じぐらいに人件費が下がるまでこれは続く »

冷暖房のエネルギーは3分の1弱。給湯エネルギーが3分の1。住宅エネルギーのほとんど過半を地中熱で賄いたい

2009年9月2日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

北海道大学 長野克則 教授
太陽光は太陽エネルギーのせいぜい10%しか電気にしてくれない。同じ100万円を投資する時に、CO2の削減量は太陽の光発電の現在の価格に比べると2倍前後であると。
日本の住宅地というのは、だいたい川の扇状地にあるということで、砂利とか砂とか粘土とかが混ざっていて、穴を掘っても崩れやすいということで、かなり慎重に掘っていかなければいけないと。穴を掘って、地中熱交換器を設置するコスト、もう一つはヒートポンプの機械本体のコストが日本は非常に高いということです。

補助金が打ち切られると、一時的には工事は普及はストップするかもしれませんけど、今まで補助金に頼って、あまりコストダウンのなかったところに、補助金がなくて、採用を促すために、企業がいろんな工夫をして、コストダウンを図ってくれれば。

北海道 小樽市 日伸テクノ 柴田和夫 社長
いつでもどこでも、自分の足もとから熱を、エネルギーをとれるんですよ、いつでも、というのが一番のキーワードではないかなと。あまりにも簡単で、身近にあり過ぎるので、それで皆さん着目してくれないのかなと。

東京 小平市 旭化成ホームズ 江原克実 課長
狭小な敷地であっても、設置できるようにということで、コンパクト設計にこだわりました。住宅用のコンパクトな能力を持ったものが市場にはなかったんですね。それを住宅用の用途であれば、もう少し能力の小さなコンパクトのものでもいいということで。
生活エネルギーの中で、冷暖房のエネルギーというのは3分の1弱しかないんですね。もう一つ大きなエネルギーというのが、給湯エネルギーですので、それが3分の1。住宅エネルギーのほとんど過半を地中熱で賄いたいと。

« ポメラは少数でも、熱烈な支持があれば、それはすごく企画として可能性がある | トップページ | 人件費の低さで競争力を維持する国をずっと目指すとしたら、世界最貧国と同じぐらいに人件費が下がるまでこれは続く »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポメラは少数でも、熱烈な支持があれば、それはすごく企画として可能性がある | トップページ | 人件費の低さで競争力を維持する国をずっと目指すとしたら、世界最貧国と同じぐらいに人件費が下がるまでこれは続く »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ