カテゴリー

最近のコメント

« 子どもたちに夢を与えてほしい、校長先生はそう言った。持ってきた夢はこれだ | トップページ | 半額ぐらいで見ていただければ、改めて蘇る本を見つけていただけるかなあと思ってしているんですね »

今回の新車購入者のうち、3割から4割程度が従来は新車を購入するつもりのなかった人たちだった

2009年9月2日放送 テレビ東京 Newsモーニングサテライト

東海東京証券アメリカ 矢﨑正さん
予想以上の展開となりまして、製造業各社の状況が急速に改善していることを示しています。特に、新規受注は急激な回復を示していまして、2004年以来の高い水準となりました。政府の自動車買い替え支援策が大きく影響したと考えられます。
今回の支援策によって、69万台が売れたと言われていまして、これは、今年2月の1カ月の販売台数に匹敵する数となっています。これは大きな販売促進効果があったということなんですが、逆にいうと、9月以降、反動で販売台数が減少するということがあり得ると思います。ただ、一時的に販売台数が減少するにしても、支援策は二つの点で大きな成果があったと考えています。
まず、自動車産業はすそ野が広いために、今後、大きな経済効果となって表れる可能性があります。在庫が急減したメーカーが増産して、部品会社や部品の材料を供給する素材メーカーなどに広く波及効果があると考えています。さらに、自動車産業は、アメリカの労働人口の10%程度を占めると言われていまして、その回復は大きな雇用を生み出す効果も期待できます。
低迷する個人消費なんですが、きっかけさえあれば、大きく動く出すということがわかったということです。フォードのCEOは今回の新車購入者のうち、3割から4割程度が従来は新車を購入するつもりのなかった人たちだったとして、今回の政策は需要の掘り起こしに大きく貢献したとしています。また、税還付や小切手送付などよりも、貯蓄に回る可能性が少なかった分だけ効果が高かったという見方もできるようです。

« 子どもたちに夢を与えてほしい、校長先生はそう言った。持ってきた夢はこれだ | トップページ | 半額ぐらいで見ていただければ、改めて蘇る本を見つけていただけるかなあと思ってしているんですね »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもたちに夢を与えてほしい、校長先生はそう言った。持ってきた夢はこれだ | トップページ | 半額ぐらいで見ていただければ、改めて蘇る本を見つけていただけるかなあと思ってしているんですね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ