カテゴリー

最近のコメント

« 団塊世代の方たちが、子供だとか、家族のためだけではなくて、自分自身のために、お金とか、時間を投資できる | トップページ | 日本人は環境に適応する能力が極めて優れているんですね »

本来払うべき税金を払わないということだから、国民からの税金を補助として入れているということと意味は同じ

2009年9月8日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

東京 新宿区 日本奇術協会 事務局 長谷和幸 次長
利益を追求している団体ではありませんので、収支がほとんどトントン。経済的に決して恵まれた状態ではない。
芸術の分野に加わってもおかしくないのではないかなと思っていますので、利潤が上がれば、それに越したことはないですけれども、そこを第一義に考えないで、マジック、奇術の普及ができるというのは、やはり公益的な法人でないと難しいのではないのかなと。

東京 台東区 日本鞄協会 猪瀬昇一 理事長
本当に広い意味でいうと、これはそれなりに事業かなという気がするんですけど、これも公益的ではなく、一部の人のためにやっているんだから、違いますよと言われれば、そうかなと思うし。
50%以上の事業を常にやっていかなければいけないということになると、事務局も、人も今、4名体制でやっていますけど、その中で、そういうものをやっていくこと自体が相当に負担になってくるかなという気がするんですね。一般社団法人に移行せざるを得ない。

日本容器包装リサイクル協会 石井節 専務理事
我々は、最初から公益を目指そうということで、もう1年以上前からその準備を進めているところですけれども。利益というものは一切いただいていませんので、必要な経費だけをいただいているつもりです。

日本法人会総連合 阿部友太郎 副会長
政府から一切資金をいただいていないと、こういう団体もあるんだというを全国の皆さんにぜひ知っていただきたいなというふうに思います。
(天下りの人もいない?)まったくゼロではないんですけどね、ほとんどいないと言っていいぐらい。社会に貢献を、私はしている団体ではなかろうかというふうに自負しております。

公益法人協会 太田達男 理事長
国民のためにとって、ためにならない、よくないものがどんどん減っていくというのは、大変私どもも賛成ですし、結果として、そうなることが私は非常にもろ手を挙げて賛成しますが、いいものまでが、なんといいましょうか、影響を受けて残れないと、いうようなことになりますと、いったい何のための公益法人制度改革だったんだと。

東京 渋谷区 ベリージョンソン コンサルティング 本間秀司さん
本当に全部移行できるんでしょうかね。それが心配ですね、我々はやっていて。我々も随分いろいろなお仕事をいただいているんですけど、たぶん今、まだ何もしない、何も考えていない法人さんがいっぱいあるんじゃないでしょうかね、まだ。

青山学院大学大学院 鈴木豊 教授
本来払うべき税金を払わないということだから、それは逆にいえば、国民からの税金を補助として入れているということと意味は同じなんですよね。今まで公益法人だったんだから、そうすると、公益に認定される法人にならないと本当はおかしいわけですよね。しかし、それはおそらく1割とか、よくても2割とか、そんな程度だと思うんですね。

新潟 上越市環境衛生公社 田村博 理事長
頑張って、もう少し整理をして、公益財団で行くことも不可能ではないかもしれないけれども、非常に厳しいということですね。頑張れば、道が開ける可能性がある、やっぱり一般財団法人のほうを我々は選ぶべきだろうと。
5時というのは、うちの会社の皆さんは帰る時間だと思っていた人が多いんですよ。そうじゃなくて、5時までが仕事の時間なんだと。この切り替えね。稼がなければ、そして倹約しなければ、食っていけないんだと。

« 団塊世代の方たちが、子供だとか、家族のためだけではなくて、自分自身のために、お金とか、時間を投資できる | トップページ | 日本人は環境に適応する能力が極めて優れているんですね »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 団塊世代の方たちが、子供だとか、家族のためだけではなくて、自分自身のために、お金とか、時間を投資できる | トップページ | 日本人は環境に適応する能力が極めて優れているんですね »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ