カテゴリー

最近のコメント

« 自分の都合のいい時間だけ借りていただいて、収入があるということなので、ありがたい | トップページ | 我慢している人たちが日本人ではすごく多いわけですね。しかも、不健康にまで痩せているのは美しいというのが問題 »

引退者に比べて、現役の数が減るということに対して、問題を抜本的に解決するような魔法の杖というのは存在しない

2009年9月18日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

三菱総合研究所 白石浩介 主席研究員
現状の年金制度の大きな問題点は、やはり国民年金制度によって、もともと国民年金というのは、自営業者の人が入る制度であったんだけれども、実際には、今フリーターとか、派遣といった、引退すると収入がなくなってしまう人が増えていて、そういう人たちに国民年金だけを用意するのは問題があると。最低保障年金というものを導入することによって、彼らに、若干所得の低い人に再配分していくことによって、事態の打開を図ろうという点では、まあ新味がある。

政権交代で、コロコロ年金の仕組みが変わってしまったら、逆に混乱を招くだけですよね。与野党協議機関とか、もうちょっと国民全体で議論するような仕組みを作らないと、大規模な改革には踏み切れませんよ。
少子高齢化に対応できるか、最悪に対して万全な備えかというと、そういうわけでもないわけですよね。なぜかと言ったら、基本的には、子供の数が減れば、引退者に比べて、現役の数が減るということに対して、問題を抜本的に解決するような魔法の杖というのは存在しないわけですよ。

« 自分の都合のいい時間だけ借りていただいて、収入があるということなので、ありがたい | トップページ | 我慢している人たちが日本人ではすごく多いわけですね。しかも、不健康にまで痩せているのは美しいというのが問題 »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の都合のいい時間だけ借りていただいて、収入があるということなので、ありがたい | トップページ | 我慢している人たちが日本人ではすごく多いわけですね。しかも、不健康にまで痩せているのは美しいというのが問題 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ