カテゴリー

最近のコメント

« 長い食生活の歴史からみると、サプリメントをこういうふうに使い始めたというのは、ごくわずかなんですね | トップページ | ここからどんどんステップアップしていく、その原点としては非常にいい試合だったと思います »

ペジェグリーニ監督も放任から、ディスプリンの組織を作っていくのか、これから

2009年10月8日放送 WOWOW リーガダイジェストDX 第6節

解説:北澤豪さん
司会:川平慈英さん、竹内夕己美さん

セルビアがついにレアルの連勝をストップし、5連勝です。
レアル、やっちゃいましたね。
以前から言われていた、強いチームと当たった時にどうなるのかということでしょうね。それが、メンバーの問題があるにしても、かなり出てしまったのかなと。
セビリアこそ、やっちゃいましたね。
僕は、やはりチャンピオンズリーグも調子良かったですし、行ける流れはあったと思うんですね。しかもホームで。ここでやっつけられれば、自分たちがリーグ戦においても上位を狙えるということも考えていたでしょうから。ただ、レアルはよくないのが気になりますよね。ペジェグリーニも選手の持っているそのままでやっていたかもしれないですけど、何か決まっているものがない。特に、守備においては、そうではなかったと思うんですよね。
ペジェグリーニ監督も放任から、ディスプリンの組織を作っていくのか、これから。
この一敗をどういうふうにとらえていくのか、前向きにとらえることができるか、どっちかによってはかなり大きく変わってくるんではないかと思いますね。
次節がすごく大事ということですよね。

バルセロナ、開幕から6連勝で、これで単独首位となりました。
点差は1なんですけど、やっぱり堅いですね。
ただ、アルメリアの戦い方、シャビ、イニエスタにマンツーマンでつけてくる、それ以外にほとんどマンツーマンディフェンスできたんではないかなと思うんですね。そのやリ方が、上手く途中までは効いていた。けど、やっぱり個人対個人のところで抜けれて、ペドロのゴールという素晴らしさで決められてしまったというところですけど。
ほかのチームに対バルサにしてはヒントはあった試合でしたね。
ただ、瞬間にそれを感じて、シャビとマルケスが入れ替わったりとか、ブスケスと入れ替わったりとか、それを分かって、試合の中で変えていく、その凄さもバルサの中になりましたけどね。

20分弱しかプレーしなかった俊輔選手にはいろいろコメントするのは難しいと思うんですけれども、右のインサイドで、スタメンだったんですけれども。
触る回数は少なかったんですけど、ああいったポジションのほうが、積極的にボールに絡んでいける動きはしていましたよね。そうした意味では、俊輔のいいところというのはもっと出てくるんじゃないかなっていうふうには思いましたけどね。
そして、ビジャレアルなんですけれども、これで4戦勝ちなし、選手はほとんど変わっていないんですけど。
変わったのは、ペジェグリーニがいなくなって、バルベルデになった。そこのところが監督のコンセプトが今一つ浸透してないというか、何をしたいのか。今までと変わらないと思うんですよ。けど、上手くいっていないのは、ペナルティボックスのところだけですよね。ゴールを仕掛けていくところのシーンなんですけれど、ボールを持って、次に絡む人間ぐらいしか動いていないんですよ。人はいるんだけど、他は止まっているんですよ。だから、ある程度予測をつける攻撃しかしてこないんで、守れる。キーパーも防げるという状況だと思うんですよ。今までのビジャレアルは、ある程度そこかよ、ここかよというシーンが多かったと思うんです。結構人が動いたと思うんですけど。

« 長い食生活の歴史からみると、サプリメントをこういうふうに使い始めたというのは、ごくわずかなんですね | トップページ | ここからどんどんステップアップしていく、その原点としては非常にいい試合だったと思います »

リーガダイジェスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 長い食生活の歴史からみると、サプリメントをこういうふうに使い始めたというのは、ごくわずかなんですね | トップページ | ここからどんどんステップアップしていく、その原点としては非常にいい試合だったと思います »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ