カテゴリー

最近のコメント

« 牛は鏡だから、牛を見て、自分が反省する情報を与えてくれて、牛はありがたいよね | トップページ | 習ってきたことをすべて忘れなさいと最初に言われて、一から、あなたに合った教え方、筋肉の付け方を教えます »

寛永寺は江戸庶民の人気を集める一大テーマパークに成長したのです

2009年10月8日放送 NHK総合 ブラタモリ

上野

寛永寺 執事長 浦井正明さん
この地下に石室が二重に作られていて、そこに二重か、三重のお棺の中に、綱吉公は座っていらっしゃるんです。寝てないんですよね。それが武家墓の特徴です。足を前に投げ出して、足の裏を合わせる。胡坐みたいなんだけど、胡坐ではなくて、お公家さんの座り方です。だいたい地下3メートル50センチか、80センチのところに眠っていらっしゃる。

清水観音堂は京都の清水寺を模して、天海さんが作ったんですよ。だから、ちょっと舞台造りに。

天海が目指したのは、庶民のために、上野を花のお江戸のテーマパークにすること。そのテーマとは京都。京の都周辺の名所を上野に再現したんです。例えば、不忍池。これは琵琶湖に見立てたものです。不忍池に浮かぶ弁天島。琵琶湖の竹生島をイメージした人工の島です。そして、上野の山。これは比叡山に見立てました。名物の桜の花も奈良の吉野から天海がわざわざ取り寄せたのが始まりです。自由に旅行ができなかった時代、寛永寺は江戸庶民の人気を集める一大テーマパークに成長したのです。

競馬場だった不忍池。その面影をわずかに残すのが、遊歩道です。もともとは競馬のために整備されたコースでした。明治以降の上野は、最先端の文化や娯楽を紹介する場所に変身します。日本最初のエスカレーター、ロープウェイに、飛行機。上野はいわば文明開化の実験場でした。中には、ウォーターシューターまで現れました。

« 牛は鏡だから、牛を見て、自分が反省する情報を与えてくれて、牛はありがたいよね | トップページ | 習ってきたことをすべて忘れなさいと最初に言われて、一から、あなたに合った教え方、筋肉の付け方を教えます »

ブラタモリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 上野、寛永寺清水観音堂へお参り [猫好きエンジニアの呟き]
先日、上野の森美術館 で「聖地チベット」 展を見た後、 東叡山 寛永寺 清水観音堂 にお参りしました。 NHKの「ブラタモリ」 という番組でもやってましたね。 上野寛永寺は、慈眼大師天海大僧正によって創建されました。 京都の清水寺を模して造られたそうです。 ここが、清水の舞台です。 舞台の上はこんな感じです。 昔は不忍池が見えたのでしょうが、 現在は木や建物でさえぎられています。 ちょっと残念です。 ... [続きを読む]

« 牛は鏡だから、牛を見て、自分が反省する情報を与えてくれて、牛はありがたいよね | トップページ | 習ってきたことをすべて忘れなさいと最初に言われて、一から、あなたに合った教え方、筋肉の付け方を教えます »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ