カテゴリー

最近のコメント

« 月餅1箱で手帳を3,4冊も買えるんです。予算は削らざるを得ません | トップページ | 北京コンセンサスがワシントンコンセンサスにとって代わるんではないかと懸念されているようです »

地主さんがいいよ、貸すなり売ってあげるよと言っても、そこの地域の方に了承を得ないと、だいたい心配だからやめてくれ

2009年10月1日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

慶応大学 土居丈朗 教授
いらない予算を削って、いる予算を新たに出して、そういうことを変更しますということの第二次補正予算というのを国会に提出して、議決をしなければ、やりたいことができないと。
予算案を通すだけならば、金額だけ持っておけばいいんですけれども、執行するためには、いくらかきちんと行政の体制を整えなければいけないですね。そういう体制を整えて、初めて支出できるというふうになりますから、それだけきちんと整える時間が必要ですね。
通常、景気対策が必要な時期というのは、年度内でも早い段階で前倒し執行というのをやるんですよ。秋口に財政支出が出ると思われていたものが、後ろ倒しになってしまうという意味では、今年残りの時期の景気に対して、多少のマイナスの要因にならざるをえないと予想されます。

東京国際大学 田尻嗣夫 教授
何が何でも株式上場を最優先するというために作られたものでして、現実の業務というのが非常に非効率化してしまったわけですね。簡易郵便局をはじめとして、その拠点の統廃合とそれから郵便集配業務の統廃合を進めましたから、これもまた、特に地方でいろんな不便が生じています。
国民が納得できるような形で、もう一度制度設計をするための時間が必要です。そのためには、来年度中に何が何でも上場させるという方針をまずストップさせるという必要があります。

郵政民営化委員 野村修也 弁護士
サービスの低下だということであれば、それは民営化や上場を続けながらも、サービスの低下を阻止していくということは不可能ではないと思いますので、もしここで、上場というものを視野に入れなくてもいいということになりますと、私は個人的にはかなり業務が緩んでしまうという危険性を感じています。

NPOふるさと回帰支援センター 高橋公 事務局長
右肩上がりの経済成長、赤信号がついたと。競争社会がより激しくなったと。でもそんなんで本当に豊かなのと、幸せなのというふうなことを考え始めたと。

作家 立松和平さん
潮目が変わったなという実感はあるわけですね。団塊世代なんかを最初は考えていたわけですけれども、今はそれだけではないですね。もっと広く若者がたくさん来ます。

会津坂下町 やますけ農園 山口英則さん
忙しくて、家族と過ごす時間というのが、十分の持てなかったというのが一つのきっかけとなって、このままで人生終わってしまっていいのかなという疑問を抱きだしたんですね。
地主さんがいいよ、貸すなり売ってあげるよと言っても、そこの地域の方に了承を得ないと、だいたい心配だからやめてくれという話で。
役場の方々が全面的に協力してくださって、土地の候補もいろんなところをあげていただいて、一緒に見に行ったり、いろんな方が後ろからバックアップしてくれて。
値段が80円ということであっても、問題なく受け入れてもらえるということは、それなりに品質に卵の差が出ている。

« 月餅1箱で手帳を3,4冊も買えるんです。予算は削らざるを得ません | トップページ | 北京コンセンサスがワシントンコンセンサスにとって代わるんではないかと懸念されているようです »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月餅1箱で手帳を3,4冊も買えるんです。予算は削らざるを得ません | トップページ | 北京コンセンサスがワシントンコンセンサスにとって代わるんではないかと懸念されているようです »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ