カテゴリー

最近のコメント

« 価格競争で競争してもらえれば、競合他店さんに負けることはないと思っています | トップページ | 実態は、努力してないからとか、自己責任とはまた別の問題なんですね »

今まで持っている特許をやたら守っていて、あと何もしないんだったら、これはかえって売ったほうがいい

2009年10月7日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

東京 港区 日本技術貿易 見学正道 常務
特許というのはですね、維持にコストがかかると。これは毎年年金を払って、権利を維持するという構造になっております。莫大な維持のための年金というのを支払っていかなければいけないと。
いわゆるブーメランというか、中国の企業がある技術を買って、その技術によって製品を作って、安い製品がまた日本に流れ込むということに対する懸念は多少あるかなと思いますけどね。できる限り、自国内流通というのを求めているんではないかと思います。

東京 港区 メモリーテック 最高技術顧問 山田尚志さん(元東芝 HD-DVD開発トップ)
ある特許は中国の中で使われるということになれば、マーケットは日本の10倍あるわけですから、間違いなくライセンスした会社にもメリットがあるわけで、うまく誘導して、特許料をちゃんと払ってもらえば、一生懸命作らせないようにするよりは、ずっと建設的ではないかと思いますけどね。
開発に投資していかないと、進んでいかないわけですよ。新しい特許が生まれないわけですね。今まで持っている特許をやたら守っていて、あと何もしないんだったら、これはかえって売ったほうがいいと。売って、その収入できちっと新しい技術に投資していくと、そういうやり方のほうが正しいと。

NTT 宇治則孝 副社長
導入が世界のレベルからあまりかけ離れているということになると、やはり世界的なレベルで普及しない。各国と共同歩調をとって、いわゆる先頭集団として、先頭集団の一つの強い会社として、展開していくと。

NTTだけの力ではなくて、海外のいろんな企業と連携していくということも全部必要だと思いますので、そういうことについても引き続き考えていきたいと思います。

サムソン グローバルマーケティング 宋亨權 副代表
LTEが普及するころには、モバイルWiMAXが世界市場を席巻しているだろう。

« 価格競争で競争してもらえれば、競合他店さんに負けることはないと思っています | トップページ | 実態は、努力してないからとか、自己責任とはまた別の問題なんですね »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 価格競争で競争してもらえれば、競合他店さんに負けることはないと思っています | トップページ | 実態は、努力してないからとか、自己責任とはまた別の問題なんですね »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ