カテゴリー

最近のコメント

« 目的買いはどんな有力ブランドでも1割がいいところですから。9割以上はどのお店も店頭がすべてですね | トップページ | プレミアリーグで主審を務めた場合の報酬は、プロアマを問わず、年間でおよそ3万3000ポンドの定額報酬と、一試合につき、およそ1000ポンドのマッチフィー »

2%を超えてきたら、我が国は一体どうなるんだろう。みんな、心の中では怯えているんですが、誰も想像できていない、イメージしてない世界

2009年10月31日放送 BSジャパン マーケットウィナーズ 

ITCインベストメント・パートナーズ(株)取締役 岡崎良介さん

過去10年間の月末の金利水準は、現状、日本は1.4、アメリカが3.4ぐらいになりますが、高いときには、日本は精一杯見て1.9%。06年9月ですね。一番低いときは、03年5月0.5%。平均すると、10年間120カ月1.4%と今と同じ。標準偏差、1.1から1.7ぐらいのところで、だいたい取引されていると。ほかの国は平均値が高いのと、それなりに標準偏差、レンジも広いんですね。それなりに動いてきたということです。ということは、何が言いたいかというと、景気に対する安全弁の仕事、長期金利というのは一番大事な仕事はこれなんですよ。景気が良い時には金利が上がり、景気が悪くなると下がらないといけない。今回、これだけ景気が悪くなったんですが、日本の金利はもう下がりません。ゼロが見えているのと、1から2という檻の中に閉じ込められてしまったために、もう動きようがなかったんですね。安全弁になっていたとしてら、それは政府にとっての安全弁だったんですね。
市場が今、恐ろしくて、だれも口に出さないところですね。これ、2%を超えてきたら、我が国は一体どうなるんだろう。みんな、心の中では怯えているんですが、誰も想像できていない、イメージしてない世界だと思います。

« 目的買いはどんな有力ブランドでも1割がいいところですから。9割以上はどのお店も店頭がすべてですね | トップページ | プレミアリーグで主審を務めた場合の報酬は、プロアマを問わず、年間でおよそ3万3000ポンドの定額報酬と、一試合につき、およそ1000ポンドのマッチフィー »

マーケットウィナーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目的買いはどんな有力ブランドでも1割がいいところですから。9割以上はどのお店も店頭がすべてですね | トップページ | プレミアリーグで主審を務めた場合の報酬は、プロアマを問わず、年間でおよそ3万3000ポンドの定額報酬と、一試合につき、およそ1000ポンドのマッチフィー »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ