カテゴリー

最近のコメント

« そろそろ試合後にレフェリーにインタビューしてもいいんじゃないでしょうかね | トップページ | 今、非常識だと思われるようなことをたくさんやらないと、若い人の希望、持っているエネルギーをボンボン引き出せることができない »

小沢さんに連立に加わってもらって、それを座布団にして、公明党に来てもらうという方法以外に、公明党が乗ってくれる道はない

2009年11月2日放送 NHK総合 NHKスペシャル

証言ドキュメント 永田町 権力の興亡
第2回 1996-2000 漂流5年 数をめぐる攻防

自由党党首(当時) 小沢一郎さん
僕はあくまでも政策合意を実現できると。これは今の国会運営から、安全保障から、税制から、何から、全部変えるという話だからね。これができるのなら、それは本望だと思ったんだけどね。
自民党が我々のある意味過激な提案をのむというものだから、それならば、事実上、政治を変える、政権を変えると同じ事になるじゃないかという気持ちが働いたんだ、その時は。
あれだけ、総裁と党5役が署名した連立合意だからね。いやいやながらもちゃんとやるんだっろうと思ったら、全然その気ないということで、1月、2月したら、全くその気ないということがわかったもんだから、僕はむしろ後悔したんだけどね。

内閣官房長官(当時) 野中広務さん
野中さん、そんなに言うけどね、昨日までは野党と与党に分かれておったのが、コロッと変わって、与党になるというようなそんな器用な技はうちにはできないよと。やっぱり、真ん中に座布団を置いて、そしてその座布団をクッションにしていくという形を踏まなきゃできないよというて、話をしてくれました。やっぱり俺が小沢さんに頭を下げて、小沢さんに連立に加わってもらって、それを座布団にして、公明党に来てもらうという方法以外に、公明党が乗ってくれる道はないと。

高邁な政治なんて目指していませんよ。今、この難局をどう乗り切るか、そういう危機感があったから、早く収拾しようと、そういう気持ち以外、何もなかったです。

加藤さん出てこなかった。山崎さんのところも出てこなかったけれども、そのあと、私は処分をしませんでした。それがいろいろ私の批判になりましたけど、ああいう憂国の諸君も自民党の中におって、森さんが謙虚に総理という座の重みを知ってくれたらいいんだと、そういう意味で、私が不信任案が否決されたとはいえ、総理は気をつけて、これから1日を歩んでほしいと、こういうたら、森さんが、幹事長は不信任案が否決されとるのに、何を言っているんだいと言うのを聞いたから、この人のところでやるのもこれ限りだなと思って。

自民党政調会長(当時) 亀井静香さん
新しい総裁、総理を選ばないかんというお話になったんですね。そういうことの中で、密室だなんて言うけどね、誰かが相談せんと決まらない話であってね、それで、森さんにさ、あんた総理やりたいんだろ、前からやりたいんだから、やればいいじゃないかなあと。そうして村上さんも何かね。亀井さんもそういっているんだし、黙っているから、俺、水向けてやったんだよ。

« そろそろ試合後にレフェリーにインタビューしてもいいんじゃないでしょうかね | トップページ | 今、非常識だと思われるようなことをたくさんやらないと、若い人の希望、持っているエネルギーをボンボン引き出せることができない »

NHKスペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そろそろ試合後にレフェリーにインタビューしてもいいんじゃないでしょうかね | トップページ | 今、非常識だと思われるようなことをたくさんやらないと、若い人の希望、持っているエネルギーをボンボン引き出せることができない »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ