カテゴリー

最近のコメント

« 低炭素社会とか、炭素循環社会とか言われていますけど、こういう社会を作るには、ユーグレナの能力を余すことなく使うことが必須だと考えています | トップページ | 本当に126年前に考えた、どこでも国境を構わずに、旅行するという夢がようやく実現するんではないかと、大きな形で実現すると »

処分場というのもどこかにいずれかはつくらなければなりませんし、またそれが、今、電気を使って生活している我々の役割だと思っております

2009年12月17日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

九州電力 玄海原子力発電所 村島正康 所長
再処理もまだ稼働していませんし、営業運転していませんし、そこに計画的に搬出ができないとしたら、あと4年程度で、管理容量をオーバーする。発電に支障をきたすというような事態になってきますので、我々としては、対策を急がないといけないと。

日本電子力研究開発機構 川瀬啓一 課長代理
これまで原子力発電をやってきて、すでに廃棄物というものが発生しているので、それを処分するための技術というのが必要になりますし、処分場というのもどこかにいずれかはつくらなければなりませんし、またそれが、今、電気を使って生活している我々の役割だと思っております。使命だと思っています。

« 低炭素社会とか、炭素循環社会とか言われていますけど、こういう社会を作るには、ユーグレナの能力を余すことなく使うことが必須だと考えています | トップページ | 本当に126年前に考えた、どこでも国境を構わずに、旅行するという夢がようやく実現するんではないかと、大きな形で実現すると »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低炭素社会とか、炭素循環社会とか言われていますけど、こういう社会を作るには、ユーグレナの能力を余すことなく使うことが必須だと考えています | トップページ | 本当に126年前に考えた、どこでも国境を構わずに、旅行するという夢がようやく実現するんではないかと、大きな形で実現すると »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ