カテゴリー

最近のコメント

« このゲームをやっていれば、確かにユナイテッドには勝つんだろうなという感じはしましたね | トップページ | わずか2敗で首になったヒューズ、マンチーニに求められているのは成功の2文字だけです »

私はモノづくりを中心にやってきた日本企業が仕掛けを作る、仕掛け作りに移っていかないと、世界マーケットも取れないし、国内もこれ以上進化できないと思います

2009年12月28日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

慶応大学 特別招聘教授 夏野剛さん

日本の企業の場合、携帯だけに限らず、いろんな産業に言えることなんですけれども、長らくものづくりということを非常に真剣に考えてきて、実績を残してきた。これは素晴らしいことだと思うんですが、今海外で、世界で競争力を持っている製品を見ると、ものじゃないものもあるんですね。例えば、iフォンというのは、ハードとしてのiフォンではないんですね。音楽ダウンロードサービスであるとか、あるいはソフトのダウンロードサービスが全部くっ付いていますよね。そうすると、モノだけではなくて、モノとサービスが一体化するということで、私はモノづくりを中心にやってきた日本企業が仕掛けを作る、仕掛け作りに移っていかないと、世界マーケットも取れないし、国内もこれ以上進化できないと思います。

日本のIT産業は二つの意味で余力がありまして、一つは、今、10年で大きくライフスタイルが変わっているんですけれども、ところが、経済効果としては、国内でもまだ小さいんです。例えば、Eコマースの売上高というのは、日本でだいたい5兆円から6兆円と言われてますけれども、民間最終消費支出、つまり普通の人がお金を払うのは、300兆円あるんですね。わずか2%。アメリカとか、そかの先進国に行くと、5%以上普通にあるわけですね。ここで国内でもある。それから、日本は輸出大国ですから、この製品とかサービスを外にもっていく、これはまだ全然できていませんけれども、日本のIT産業、これができるようになると相当大きな未来があると思いますね。
しかも、日本がリーダーシップを取れる最大のチャンスが今ここにあるんですね。
日本の重要なところは、人、物、技術、金、これが全部そろっているということをもう一度認識して、積極的な策を取っていくことだと思います。

« このゲームをやっていれば、確かにユナイテッドには勝つんだろうなという感じはしましたね | トップページ | わずか2敗で首になったヒューズ、マンチーニに求められているのは成功の2文字だけです »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« このゲームをやっていれば、確かにユナイテッドには勝つんだろうなという感じはしましたね | トップページ | わずか2敗で首になったヒューズ、マンチーニに求められているのは成功の2文字だけです »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ