カテゴリー

最近のコメント

« 壁の作り方も堅い壁ではなくて、柔らかい壁になってみたり、上で包み込みながら、なだめるというのがルメール騎手はうまいですよね | トップページ | 日本発の新値更新というパターンにはなかなかなりずらい »

これだけのプレッシャーを感じながら、頭を使いながら、また技術を使う。これは世界最高のプレーヤーなんですよ

2009年11月30日放送 日テレ 月刊サッカーアース

城彰二さん

僕は世界ナンバーワンプレーヤーだと思う。メッシ、クリスチアーノ・ロナウド、イブラヒモビッチ、いろんな選手いる中、こいつが一番うまい。商品価値とかいろんなものが付随してスーパースターと言われるけど、だけどサッカーの実力だけだったら、イニエスタがピカイチなんですよ。その凄さがわからないと、この番組やっている価値がない。
すごいのはボールコントロールと言って、腕の使い方、そして体の使い方、そして何気なくボールを置いていますけど、相手が取られないところにわざとボールを置いているんですよ。これだけのプレッシャーを感じながら、頭を使いながら、また技術を使う。これは世界最高のプレーヤーなんですよ。

« 壁の作り方も堅い壁ではなくて、柔らかい壁になってみたり、上で包み込みながら、なだめるというのがルメール騎手はうまいですよね | トップページ | 日本発の新値更新というパターンにはなかなかなりずらい »

月刊サッカーアース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 壁の作り方も堅い壁ではなくて、柔らかい壁になってみたり、上で包み込みながら、なだめるというのがルメール騎手はうまいですよね | トップページ | 日本発の新値更新というパターンにはなかなかなりずらい »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ