カテゴリー

最近のコメント

« ただ、あくまで短期的な調整でして、相場の方向性を変えるわけではないんですね | トップページ | 請負制度へのきちっとした形への移行とか、あるいは正規社員へ取り込むとか、いろんな対応がいると思います »

豊作ならうれしいし、家畜の死と立ち合うと悲しいし、そういう土を軸とした喜び、怒り、悲しみを含めた楽しさは農業にありますよね

2010年1月5日放送 NHK総合 プロフェッショナル 仕事の流儀

命の農場で、土に生きる

農家 金子美登さん

おいくらですかと言われると、嫌なんですけどね。自分の子供みたいなもんだから。大事に食べてもらっていると思います。

温暖化と気象変動で、今まででしたら、今年はどんな天気だいと言えば、だいたいお年寄りに聞くと、今年はへいこうだいとだいたい分かったんですけれども、全く読めない。ですから、なおさらいい土を作って、あとは瞬時に判断する能力を鍛えておかないとというか、そういうんでないと、できない時があるんですよ。ただし、ゆきの園の場合、少量多品目ですから、一品目だけ作っていて、異常気象でできない時は、壊滅的な打撃になるんで、そういうことはないですよね。
土を軸にした自然の営みの中の喜怒哀楽ですね。豊作ならうれしいし、家畜の死と立ち合うと悲しいし、そういう土を軸とした喜び、怒り、悲しみを含めた楽しさは農業にありますよね。

« ただ、あくまで短期的な調整でして、相場の方向性を変えるわけではないんですね | トップページ | 請負制度へのきちっとした形への移行とか、あるいは正規社員へ取り込むとか、いろんな対応がいると思います »

プロフェッショナル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ただ、あくまで短期的な調整でして、相場の方向性を変えるわけではないんですね | トップページ | 請負制度へのきちっとした形への移行とか、あるいは正規社員へ取り込むとか、いろんな対応がいると思います »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ