カテゴリー

最近のコメント

« 大手ハウスメーカーだから、高くて当たり前だと考えているわけでは決してございませんですね | トップページ | 放り投げました。完全に188キロが宙に浮きました。ややそり気味の投げですが »

ちゃんと区別しないと、ごちゃごちゃするのが、そもそも今までいろいろ話をおかしくしてきたこの会社の背景です

2010年1月20日放送 NHK総合 クローズアップ現代

JAL破たん 舞台裏の攻防

元産業再生機構COO 冨山和彦さん

ここは法的整理まではいって、公的機関が支援、皆さんの税金を使って支援しているわけですから、まずJAL自身、支援機構さん自身の立場としては、とにかく経済合理性を貫徹して、撤退すべき路線からは撤退する。それでも、どうしても公共性の立場から飛行機を飛ばしたいという要請が、国や地域の側であるのなら、それは正々堂々と税金で補てんして飛ばすというのが民主主義国家のあり方だと思いますけどね。ちゃんと区別しないと、ごちゃごちゃするのが、そもそも今までいろいろ話をおかしくしてきたこの会社の背景ですから、そこはすっきりさせた方がいいと思います。

まず支援機構さん自身がJALの企業価値を高める。いろんなことを懸命にやるわけです。人員削減、これは大変です。これをとにかくサポートしていく。少なくとも邪魔はしないということですね。路線の問題も含めて。もうひとつは、最終的に売却をしていくわけですよね。JALに対する投資を。融資も回収していくわけです。それをちゃんとできるように、いろんな選択肢を作れるような航空行政のいろんな転換であるとか、自由化であるとか、そういうことを今度は国交省、前原大臣を中心にやっていくということが大事だと思います。

« 大手ハウスメーカーだから、高くて当たり前だと考えているわけでは決してございませんですね | トップページ | 放り投げました。完全に188キロが宙に浮きました。ややそり気味の投げですが »

クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大手ハウスメーカーだから、高くて当たり前だと考えているわけでは決してございませんですね | トップページ | 放り投げました。完全に188キロが宙に浮きました。ややそり気味の投げですが »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ