カテゴリー

最近のコメント

« ひょっとして人間変わるかもわからないよということをちょっとでもつかんでいただけたらなと | トップページ | 雇用を支えます中小企業への支援という意味でも地銀の株価が堅調なことは、プラスの材料と言えます »

日本人としての特質上、重箱の隅をつつける技術をずっと磨き続けることができるわけですよ

2010年1月24日放送 NHK総合 NHKスペシャル

メイド・イン・ジャパンの命運

東芝 深谷工場 テレビ設計部 森正法 グループ長
日本人としての特質上、重箱の隅をつつける技術をずっと磨き続けることができるわけですよ。そうすると、そこに、中国メーカー、台湾メーカーがついてこれない領域を狙うしかないんですよ。この職人芸的な要素をやっぱり生かさなくてはいけないと思うんですけどね。そこしかないですよね、今。

例えばマルチチューナーの話、これどうしているんですか、この画面どうしているんですか、チューナー1個でやっているんですか、いえいえ、11チューナーはいっています。ああ、そんなに一杯積んじゃったんですか、でも普通ですかみたいな感じです。そこまでやるかというところはありますよ。

PCのプロセッサーを使うと、ごく自然の流れかな。やっぱりね、そうですよね。

JVC・ケンウッド 前田悟 常務
すぐアイデアを出してくる、向こうは。あんなにパンパンとくるのは、台湾と中国の人というのはそういうところは必死ですよ。まだ彼らはプロダクトプランニングの重要性というのは、今まではフォローしてたから、わかってないんだけれども、だんだんそれがわかってきますよね。そうすると、アイデアをどんどん出してきて、200ドルとか、100ドルのビデオカメラなんか、日本人だったら発想しないんじゃないですか。ああいうことだってやってくるということは、どんどん相手は出してきますね。だから、その先を行かなきゃいけないですよ。やっぱり本当に切迫感を持ってやらないと、あんなにすぐ食いついてくるというのは日本よりも発展していますよね。

« ひょっとして人間変わるかもわからないよということをちょっとでもつかんでいただけたらなと | トップページ | 雇用を支えます中小企業への支援という意味でも地銀の株価が堅調なことは、プラスの材料と言えます »

NHKスペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひょっとして人間変わるかもわからないよということをちょっとでもつかんでいただけたらなと | トップページ | 雇用を支えます中小企業への支援という意味でも地銀の株価が堅調なことは、プラスの材料と言えます »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ