カテゴリー

最近のコメント

« 私はディフェンスをしようなんて思ったことがないの。自分のポジションは9番だというふうに思っていましたから | トップページ | 奈良時代のような巨大建築を作ろうと思ったら、世界中の木を寄せやないかんでしょね »

なぜ8月がいいかというと、ちょうどお正月に向こうの都に入ることができる

2010年3月8日放送 NHK BS1 45日間奈良時代一周 遣唐使

奈良大学教授 東野治之さん

船としての大きさは大きいし、ちゃんとした航海技術もあったはずなんですね。ですから、不思議な感じもするんですけれども、やっぱり渡る季節ですね、これが問題だったんですね。ちゃんとして、いい季節を選んで渡れば、問題なんですけれども、あまりそういう遭難は起こらないんだけれども、どうしても事情があって、夏に出発する。
なぜ8月がいいかというと、ちょうどお正月に向こうの都に入ることができる。正月というのは、むこうの皇帝が正月の元旦などを中心にして、年賀の行事をやるんですよね。それに列席するというのが、外国からいった使節の一つの役割なんですね。そのために、前もって逆算していくと、だいたい夏ごろ出発しないといけない。

« 私はディフェンスをしようなんて思ったことがないの。自分のポジションは9番だというふうに思っていましたから | トップページ | 奈良時代のような巨大建築を作ろうと思ったら、世界中の木を寄せやないかんでしょね »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私はディフェンスをしようなんて思ったことがないの。自分のポジションは9番だというふうに思っていましたから | トップページ | 奈良時代のような巨大建築を作ろうと思ったら、世界中の木を寄せやないかんでしょね »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ