カテゴリー

最近のコメント

« この男さえピッチに居れば、この先もすべてが可能と思わせるほど、この日のメッシは輝いていました | トップページ | 久々の勝利、シャドウゲイトです。トップハンデ57.5キロを背負いましたが、シャドウゲイト »

分散投資も始めた時の運不運が左右してしまう。これがやっぱり分散投資の限界だったと思います

2010年3月13日放送 BSジャパン マーケットウィナーズ 

ITCインベストメント・パートナーズ(株)取締役 岡崎良介さん

我々の年金のパフォーマンスは、2004年3月末を100とすると、07年6月末で129まで、大かた3割の上昇がありましたが、そこから株式の下落、円高、そういった影響で、09年3月末は106まで落ちました。そして直近、昨年12月末で114、だいぶ戻してきたんですね。分散投資の効果としてやったわけですけれども、数字で測るとこんな感じです。年率2.6%、高いと見るか、安いと見るか、いずれにしても分散投資の実力はあったと思います。これ、分散していなかったら、株ばっかりだったらもっと下がっているわけですから、ただしかし、ここから問題なんですが、07年6月末から09年3月末まで18%も下落していますから、これはやっぱり分散投資の限界みたいなものを露呈させた07年から09年にかけての展開ですね。ここから先、今までどおり2.6%のスピードで戻るにしても、高値更新には、14年9月まで、あと7年かかるということですよね。こういう分散投資も始めた時の運不運が左右してしまう。これがやっぱり分散投資の限界だったと思います。
もちろん中国ばっかりとか、新興国ばっかりだったらよかったのにという楽観的な見方もあるんですが、神様でないとできないわけで、ただ、この分散投資、果たして全知全能のものではないんですね。もう少し改善する方法があるとしたら、次の研究テーマだと思いますね。

« この男さえピッチに居れば、この先もすべてが可能と思わせるほど、この日のメッシは輝いていました | トップページ | 久々の勝利、シャドウゲイトです。トップハンデ57.5キロを背負いましたが、シャドウゲイト »

マーケットウィナーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この男さえピッチに居れば、この先もすべてが可能と思わせるほど、この日のメッシは輝いていました | トップページ | 久々の勝利、シャドウゲイトです。トップハンデ57.5キロを背負いましたが、シャドウゲイト »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ