カテゴリー

最近のコメント

« 中国にあって、日本にないものは何か、ということをずっと突き詰めていったら、歴史書がないということ | トップページ | 真似する企業だったり、まねする観光地が生まれてくると、小さな動きが大きなウェイブになって、市場が変わっていくきっかけになるんじゃないかなと »

ひとりの人ばっかり蹴ったりですとか、なかなか続かないというときは、上手く毬を回していって、みんなが楽しむという、接待ゴルフにつながっていくんですかね

2010年3月17日放送 NHK BS1 45日間奈良時代一周 スポーツ

談山神社 長岡千尋さん
こちらのご祭神の藤原鎌足公、当時は中臣鎌子というてましたけどね、中大兄皇子をお連れして、のちの天智天皇ですけれども、この本殿の裏山で、大化の改新のひそかな密談をなさったと。初めて蹴鞠で会ったわけです。ところが、一緒にやったわけではないですよ。鎌足公はまだそのころは中臣氏と、まだ天皇様とか、皇族の方と直接お話をできる身分ではなかったんですよ。ですから、蹴鞠をなさっているのを見ていた。群衆の中にひとりとして。偶然中大兄皇子の靴が脱げたわけですね。そのときに、群衆の中からパッと鎌足公が靴を拾いにいくわけ。そのときにパッと目が合うんですね。昔の英雄ですわ、2人とも。顔見たらわかるんです、この男は違うなと。私の感覚ですけどね。

談山神社 権禰宜 花房兼輔さん
今で言う、ゴルフに近い感じですかね。ひとりの人ばっかり蹴ったりですとか、なかなか続かないというときは、上手く毬を回していって、みんなが楽しむという、接待ゴルフにつながっていくんですかね。あいつに呼ばれて蹴鞠をやったら楽しかったと。出世なんかに絡んできたりするわけですね。

« 中国にあって、日本にないものは何か、ということをずっと突き詰めていったら、歴史書がないということ | トップページ | 真似する企業だったり、まねする観光地が生まれてくると、小さな動きが大きなウェイブになって、市場が変わっていくきっかけになるんじゃないかなと »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国にあって、日本にないものは何か、ということをずっと突き詰めていったら、歴史書がないということ | トップページ | 真似する企業だったり、まねする観光地が生まれてくると、小さな動きが大きなウェイブになって、市場が変わっていくきっかけになるんじゃないかなと »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ