カテゴリー

最近のコメント

« 刀筆の吏、吏というのは役人のことなんですけれども、中国から伝わった言葉ですけど、小刀と筆が役人の必需品だったと | トップページ | ひとりの人ばっかり蹴ったりですとか、なかなか続かないというときは、上手く毬を回していって、みんなが楽しむという、接待ゴルフにつながっていくんですかね »

中国にあって、日本にないものは何か、ということをずっと突き詰めていったら、歴史書がないということ

2010年3月15日放送 NHK BS1 45日間奈良時代一周 古事記

阪南大学 教授 来村多加史さん

奈良時代の最初じゃないですか。やはり国づくり、律令に基づく国づくりをしていこうと。これは中国にならって、日本も当時で言う近代国家を作りましょうという意欲にあふれた時代だった。それならば、中国のことをすべて真似をしないといけない。中国にあって、日本にないものは何か、ということをずっと突き詰めていったら、歴史書がないということ。

« 刀筆の吏、吏というのは役人のことなんですけれども、中国から伝わった言葉ですけど、小刀と筆が役人の必需品だったと | トップページ | ひとりの人ばっかり蹴ったりですとか、なかなか続かないというときは、上手く毬を回していって、みんなが楽しむという、接待ゴルフにつながっていくんですかね »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 刀筆の吏、吏というのは役人のことなんですけれども、中国から伝わった言葉ですけど、小刀と筆が役人の必需品だったと | トップページ | ひとりの人ばっかり蹴ったりですとか、なかなか続かないというときは、上手く毬を回していって、みんなが楽しむという、接待ゴルフにつながっていくんですかね »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ