カテゴリー

最近のコメント

« やはりこの1年振り返ると、大きすぎて潰せないというのが、相場の転換点で出てきているのが分かると思います | トップページ | 外資系企業の進出も前回ほどは望めておりませんので、今後の空室率の減少ペースといったものは緩やかになると考えております »

いざという時に、かゆいところに手が届くようなサービスをあの会社はしてくれるんだという信頼が必要ですね

2010年3月11日放送 NHK BS1 経済最前線

損保ジャパン 佐藤正敏 社長

海外を見てみますと、いわゆる従来発展途上国と言われた中国、インド、ブラジル、こういうところが経済成長を遂げて、そこに中産階級が生まれています。保険というのは非常に政府の規制を受けやすい業種なんですね。金融の一つですから。ですから、アジアの各国においても、国ごとにその法制、ルールが違います。それぞれの国の法制とか、その国の市場の状況とか、それに合わせて、一つ一つ違うパターンを編み出していかなければいけないですね。
やっぱりNKSJグループは、寄って立つ基盤が個人のお客様なんですね。個人のお客様にこのグループは強いと。もともと保険というのはいざという時に使っていただくものなんですから、いざという時に、かゆいところに手が届くようなサービスをあの会社はしてくれるんだという信頼が必要ですね。ですから、我々は成長させながら、お客様、あるいは社会全般のステークホルダーの方々に、NKSJグループの会社は信頼できるねと、こう思っていただくことが重要だと思っています。

« やはりこの1年振り返ると、大きすぎて潰せないというのが、相場の転換点で出てきているのが分かると思います | トップページ | 外資系企業の進出も前回ほどは望めておりませんので、今後の空室率の減少ペースといったものは緩やかになると考えております »

経済最前線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはりこの1年振り返ると、大きすぎて潰せないというのが、相場の転換点で出てきているのが分かると思います | トップページ | 外資系企業の進出も前回ほどは望めておりませんので、今後の空室率の減少ペースといったものは緩やかになると考えております »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ