カテゴリー

最近のコメント

« 結果的には、物価面ではデフレ傾向がさらに根付くと、ないし強まるということになるかと思いますね | トップページ | 仕事の仕方は日本的でやってきた、そこのトヨタというものが初めて明らかになって、いろいろ意外な感じを抱かれているんじゃないかと思います »

半導体レーザー分野のインテルのような会社になりたいと思っています

2010年3月2日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

神奈川 厚木市 QDレーザ 菅原充 社長
先端技術をいかに標準化技術にするかというところが大事だと思っています。半導体レーザー分野のインテルのような会社になりたいと思っています。

東京大学 荒川泰彦 教授
きちんとした産学連携の中で、量子ドットの基礎研究から、出口を見据えた、QDレーザ社を中心とした企業との連携を図っているところはないと思います。
15年後、20年後には、今のスーパーコンがラップトップのコンピュータに入るような、そういう時代が来るんではないかと。
今の電気の技術のみでは、いくつかの課題というものを乗り越えることができないであろう。何がこの課題を解決してくれるかということでありますけれども、それは光なんですね。

« 結果的には、物価面ではデフレ傾向がさらに根付くと、ないし強まるということになるかと思いますね | トップページ | 仕事の仕方は日本的でやってきた、そこのトヨタというものが初めて明らかになって、いろいろ意外な感じを抱かれているんじゃないかと思います »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 結果的には、物価面ではデフレ傾向がさらに根付くと、ないし強まるということになるかと思いますね | トップページ | 仕事の仕方は日本的でやってきた、そこのトヨタというものが初めて明らかになって、いろいろ意外な感じを抱かれているんじゃないかと思います »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ