カテゴリー

最近のコメント

« 人は言葉が発することができなくなっても、体が存在し続ける限り、生きることの根源的なメッセージを世の中に強い印象を持ってアピールし続けることができる | トップページ | とにかく心の美しいお方が光明皇后さまで、それはやはり病人にしても、どんな人にしても、親切に丁寧に教えになるのが光明皇后さまなんです »

そのときにしか出せない声とそのときの想いをその日の歌に乗せて、みなさんに聞いていただけるということを学んだんですよ

2010年3月21日放送 テレビ東京 ソロモン流

歌手 岩崎宏美さん

それは本当大変だったんですよ。今も本当に忘れちゃうぐらい大変。早く忘れたいぐらい大変でした。でもそれ忘れてはいけないと思っていますから、そのときの大変さは、口には出さないですけれども、私たち夫婦の間だけではなく、みんなに迷惑かけちゃったから。
そのときにしか出せない声とそのときの想いをその日の歌に乗せて、みなさんに聞いていただけるということを学んだんですよ。今日はどんな歌が歌えるんだろう。今日はどのくらい集中して歌えるんだろうということはすごく楽しいことでね。

皆が一生懸命集中している気を私はもらって歌っているわけだから、1対2000人だったとしても、2000人分の想いを一気にステージの時にはもらえるので、元気をもらえる。そしてみんなにも分けられる。
やっぱり私はもしかしたら歌うために生まれてきたのかなとか、天職という言葉がありますけど、これがやっぱり天職だろうなということを昔ちらっと頭の中でイメージしたとしても絶対に口には出していなかったんです、格好悪いと思っていましたし、そういうことは別に心の中で思っていればいいことなんだと思っていましたけれども、素直に言えるようになったのは、ここ最近だと思いますね。歌手、岩崎宏美としての自覚をしっかり持って、歌い続けていきたいと思うんですよね。

« 人は言葉が発することができなくなっても、体が存在し続ける限り、生きることの根源的なメッセージを世の中に強い印象を持ってアピールし続けることができる | トップページ | とにかく心の美しいお方が光明皇后さまで、それはやはり病人にしても、どんな人にしても、親切に丁寧に教えになるのが光明皇后さまなんです »

ソロモン流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人は言葉が発することができなくなっても、体が存在し続ける限り、生きることの根源的なメッセージを世の中に強い印象を持ってアピールし続けることができる | トップページ | とにかく心の美しいお方が光明皇后さまで、それはやはり病人にしても、どんな人にしても、親切に丁寧に教えになるのが光明皇后さまなんです »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ