カテゴリー

最近のコメント

« 中国大陸から文化が導入されて、向こうの色彩が奈良時代に輸入されて、このような色に変化していった | トップページ | 日本のブランドが育つ苗床がどんどん疲弊してきている。日本びいきの目利きの人たちが世界中で減ってきているんですね »

一行しか製造方法が載っていない。乳大一斗を煎じて、一升の蘇を得ると

2010年3月19日放送 NHK BS1 45日間奈良時代一周 セレブ

西井牧場 西井利易さん

一応シルクロードを流れてきていますから、その製造方法というのは。日本独自ではないんです。基本的に、今は中国に斉民要術という料理のお手本帳みたいなものがあるんです。そこには蘇の製造方法というのがきっちり出ているです。日本に残っているのは、平安初期に延喜式と言われる祭典の本が出たわけですけど、そこに一行しか製造方法が載っていない。乳大一斗を煎じて、一升の蘇を得ると。牛乳1頭分から煎じることによって、一升の蘇を得ることができると。ということは10分の1になるんですよということ一行しか載っていないんですよ。また、蘇というのは、牛乳の成分ではないけれども、薬的な役割、滋養強壮とか、美容のためにとか、そういうふうな感じで使われていたと。だから、一般の人は蘇は食べられなかった。

« 中国大陸から文化が導入されて、向こうの色彩が奈良時代に輸入されて、このような色に変化していった | トップページ | 日本のブランドが育つ苗床がどんどん疲弊してきている。日本びいきの目利きの人たちが世界中で減ってきているんですね »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中国大陸から文化が導入されて、向こうの色彩が奈良時代に輸入されて、このような色に変化していった | トップページ | 日本のブランドが育つ苗床がどんどん疲弊してきている。日本びいきの目利きの人たちが世界中で減ってきているんですね »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ