カテゴリー

最近のコメント

« 仲麻呂の反乱のように、国内の反乱もありますし、疫病や地震や天災とか、そういったものを含めまして、国をそういった災難から守ってくださると、そういう思想なんですね | トップページ | 上の方がそれを引き出す力があれば、ゆとり教育世代というのはものすごくポテンシャルを持っているんですね »

今後数年間で、累計で600万件以上の差し押さえが発生する可能性も示しています

2010年4月16日放送 テレビ東京 Newsモーニングサテライト

東海東京証券アメリカ 矢﨑正さん

出口戦略については、政策当局者はかなり慎重に考えているというような印象でした。MBSの買い取りが終了した今月初めの金利上昇についても、正常化の過程との表現で、市場の反応には神経質になっている様子がうかがえました。景気は回復基調とはいえ、まだまだ問題が多く、出口を急いで、景気回復に水を差すことだけは避けたいということが本音のようでした。
住宅と雇用ということなんですが、住宅については、差し押さえを減少させるために、政府がいくつかの政策を実施していますが、芳しい効果は上がっていません。政府関係者が示した差し押さえ件数は、2009年の240万件、今年もこれを上回る差し押さえが発生すると予想していました。今後数年間で、累計で600万件以上の差し押さえが発生する可能性も示しています。差し押さえ件数が減少に向かわなければ、横ばいとなっている住宅価格がさらに下落する可能性もあると思います。雇用については、昨日、バーナンキ議長の証言にもありましたが、減少は止められたようですが、回復するにはかなりの時間がかかりそうです。
政策当局者は市場のコンセンサスなどにもかなりの注意を払っています。市場が行き過ぎの様子を見せるようならば、それを制限するような発言をするなど、上手にコントロールをしています。慎重に景気回復を導いているということです。つまり、政策に関する発言内容に変更はあっても、実際の金利の変更はしばらくは行われない。具体的には、年内は行われないのではないかという印象でした。

« 仲麻呂の反乱のように、国内の反乱もありますし、疫病や地震や天災とか、そういったものを含めまして、国をそういった災難から守ってくださると、そういう思想なんですね | トップページ | 上の方がそれを引き出す力があれば、ゆとり教育世代というのはものすごくポテンシャルを持っているんですね »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 仲麻呂の反乱のように、国内の反乱もありますし、疫病や地震や天災とか、そういったものを含めまして、国をそういった災難から守ってくださると、そういう思想なんですね | トップページ | 上の方がそれを引き出す力があれば、ゆとり教育世代というのはものすごくポテンシャルを持っているんですね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ