カテゴリー

最近のコメント

« 小さくていびつな形をしているこの天体は、誕生して間もない銀河です。遂に宇宙誕生直後のよちよち歩きの赤ちゃん銀河を発見したのです | トップページ | 今、アナログゲームのところにデジタルゲームが入ってきて、遊びが一変したように、大きな変化があったんじゃないかと思いますね »

食えないけれども、犬と暮らすプロというのが僕の本当の感覚ですね

2010年4月11日放送 テレビ東京 ソロモン流

ドッグスポーツプレーヤー 平井寧さん

犬たちが食事をしている音とか、スープを飲んでいる音とかが大好きで、その音で癒される。元気に食べているのが一番いいなと。
平井さんはプロですよねと聞かれたときに、肩書を聞かれるじゃないですか。何のプロですかって。昔は犬ぞりのプロですと言っていたし、今はフリスビードッグのプロともいうんだけど、もともと発想としては、犬と暮らすプロ、犬と生きていくプロだと実は思っていて、それが僕の頭の中ではフィットする。それで食えるんですかと言われると、それは食えないでしょうと。食えないけれども、犬と暮らすプロというのが僕の本当の感覚ですね。

« 小さくていびつな形をしているこの天体は、誕生して間もない銀河です。遂に宇宙誕生直後のよちよち歩きの赤ちゃん銀河を発見したのです | トップページ | 今、アナログゲームのところにデジタルゲームが入ってきて、遊びが一変したように、大きな変化があったんじゃないかと思いますね »

ソロモン流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小さくていびつな形をしているこの天体は、誕生して間もない銀河です。遂に宇宙誕生直後のよちよち歩きの赤ちゃん銀河を発見したのです | トップページ | 今、アナログゲームのところにデジタルゲームが入ってきて、遊びが一変したように、大きな変化があったんじゃないかと思いますね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ