カテゴリー

最近のコメント

« もう本当にこれで何年待たせているかって、何年待ってもらっているかって考えたら、やっぱりもうこれ以上は待ってもらえないなと思いますので | トップページ | これは今までになかったパターンですので、やはり今回は違うということに注意が必要だと思います »

人々の病気を治し、生活を良くするために努力するのが医者の務めです。必要とあれば、母なる自然にも逆らいます。なぜなら、自然は時に非常に残酷ですから

2010年3月28日放送 NHK総合 NHKスペシャル

人体製造 再生医療の衝撃

アメリカ陸軍 スティーブン・ウルフ医師
細胞外マトリックスが筋肉の再生に効果がみられたときには興奮しました。筋肉を失った人にこの方法を使えば、筋肉を増やすことが可能なのです。

アメリカ陸軍 再生医療責任者 ロバート・バンドレ 大佐
細胞外マトリックスを使った治療は間もなく本格的な臨床試験に入ります。とても大きな可能性を持っていると期待しています。10年後には負傷した兵士だけではなく、一般の人もこの治療で救われるようになるでしょう。私はそう確信しています。

幹細胞で乳がんの治療を行っている 九州中央病院 北村薫 医師
危険な量と大丈夫だという量の境界線がどこにあるかというのがまだ誰もわからないところで、私たちがやった結果がたぶんそれを決めていくことになると思ったので、非常に厳しく、結果的には選ぶことになった理由になると思います。

ロンドンの美容クリニックで豊胸手術を行う アーメル・カーン医師
乳がん患者に幹細胞が使われていて、形の崩れた乳房が元通りになるのを見て、これはいけると思いました。
これからは美しい女性が増えますが、男性は結婚するときは気をつけなくてはなりません。生まれてくる子供は手術前の顔そっくりになりますからね。

人の肝臓を豚の体内で製造する研究をしている 自治医科大学 小林英司 医師
道徳的倫理的な話になると、例えば動物の命を借りて、犠牲にして、人間が生きなければいけないというジレンマは常にしょっていることだと思うんですが、世界的な臓器不足は臓器売買は国際問題も彷彿していますから、できたら5年以内には、そういう豚を誕生させて、人間の臓器を発生させる研究を進めたいと思っています。

アメリカ ルイジアナ州 幹細胞バンク代表 ガブリエル・ラサラ 医師
幹細胞の研究は今後どんどん進むでしょう。すると、将来、幹細胞を使って臓器を作り、弱った臓器を取りかえることも可能になるはずです。そういう時代に備えて、幹細胞が若く健康なうちに冷凍保存しておくことを多くの皆さんにお勧めしています。

英国下院 科学技術委員長 フィル・ウィルス 議員
医療技術の進歩は目覚ましく、簡単にはコントロールできません。そこで、イギリスは法律を作って、医療技術の使い方をきちんと規定することにしたのです。

アメリカ生殖医学会 ウィリアム・ギボンズ 会長
では、ひとつ聞きますが、あなたは責任を持って、車の運転をしますか。あなたは運転しているとき、自分の行動に責任を持っています。つまり運転の安全は法律によって確保されているのではなく、あなたの自主規制によって保たれているのです。生殖医療についても、自主規制でコントロールする方法で問題は起こっていないと考えています。

世界で最も多くの救世主兄弟を作っているデトロイト マーク・ヒューズ 医師
医療とはもともと母なる自然に逆らうものです。人々の病気を治し、生活を良くするために努力するのが医者の務めです。そして、必要とあれば、母なる自然にも逆らいます。なぜなら、自然は時に非常に残酷ですから。

« もう本当にこれで何年待たせているかって、何年待ってもらっているかって考えたら、やっぱりもうこれ以上は待ってもらえないなと思いますので | トップページ | これは今までになかったパターンですので、やはり今回は違うということに注意が必要だと思います »

NHKスペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう本当にこれで何年待たせているかって、何年待ってもらっているかって考えたら、やっぱりもうこれ以上は待ってもらえないなと思いますので | トップページ | これは今までになかったパターンですので、やはり今回は違うということに注意が必要だと思います »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ